平成・京都の夏を振り返り・・・〜現在 建築中の現場を追います 4〜

0

    こんにちは。

    サンキ建設事務員です顔 スマイル にこ シンプル の画像

     

    お盆が過ぎると あっ衝撃 シンプル 思い付き  の画像という間に1年の終わりに近付きますね

     

    もう9月も半ばですね・・・

    えっ?あと3ヶ月゜*ねこ*゜ の画像

    とすごく焦っています。 数字で3ヶ月を見るともっと焦ってきました笑ってる絵文字達 の画像

     

    今年は 何かにつけて平成最後!!!平成最後の!!

    と銘打つものがでてきて なんだか特にソワソワします

     

    ついこの間まで

     

    平成生まれの子が新入社員として入ってきた〜

    平成に変わったのって最近のような気がする・・・

     

    とか言いながら『年を感じるぁ』と語っていたのですが

    最近じゃ平成生まれの子が『平成生まれって自慢できへんようになる〜』

    といっているのを聞きました。

    【ゆとり世代】なんていわれて育ち、今の時代の子といわれていたのが

    遠くなる日も近いですネコ の画像 

     

    さて新しい年号はどうなるのでしょうかピンク の画像

     

     

     

    平成最後の夏を振り返りということで

    お盆休暇をいただいた斉に過ごした

    平成最後の 京都の夏は

    京都らしい清滝川、鴨川を満喫しました

    京都にお住まいではない方への説明としましては、

    清滝川は 源氏ホタルで有名な とても川の水が澄んでいてきれいなところです

    川床もあり 京都の蒸し暑い夏を涼しく過ごすのに最適な場所です

    市内から車で20分ほどで着き喧騒から急に別世界にいきます

    山に囲まれた盆地ならでは!です。

    足をつけたり、泳げるぐらいの深さのところもあります。

     

     

    ↓こちらは鴨川

     

    鴨川は牛若丸と弁慶で有名な五条大橋の下に立ち寄りました。

    ♪京の五条の橋の上〜大の男の弁慶は〜・・・♪

    と京都のお年寄りの方は皆さん歌える? あの五条大橋です

    (ちなみに、京の先斗町に降る雪は〜など、京都の場所にちなんだ歌は他にもあるので

    歌を聴いて観光するのも楽しいかもしれませんね)

    話し戻りまして・・・ここは、上(四条大橋・三条大橋・・・と続くのですが)と比べて

    河川敷が改修舗装されてなく石畳がでこぼこしていて歩きにくいです

    (下の七条大橋は舗装されているのですが・・・)

     

    またまた、ちなみに 先ほど 上(かみ)下(しも)と説明しましたので・・・

    京都の町並みは【碁盤の目】といわれるように

    縦横に綺麗に道が並んでいるので 市内の住所は

     

    〇条 上がる(あがる)下る(さがる)

    や、

    〇〇〇町 上がる(あがる)下る(さがる)

    や、

    東入る(ひがしいる)

    西入る(にしいる)

     

    という住所がほとんどです。

    住所が長い!!!幼少の頃は年賀状の自宅住所を書くのに

    省略して書いていたのを思い出しますスマイル シンプル 顔 の画像

     

    でも迷子になっても簡単ですよね。

    ある程度高い場所から京都タワーを探して

    そちらに伸びるまっすぐな路を見つけ歩けば京都駅前スマイル シンプル 顔 の画像

    鴨川を南に下っていっても京都タワーが見えてきます。

     

    さらに京都駅近辺には ご丁寧に東本願寺さんと西本願寺さんがあり

    京都駅から方角まで分かるのですゆるふわ の画像

    北へ歩けば 大きな通り名は、七条通り、六条通り、五条通り、四条通り・・・と

    これまた分かりやすく続きます。

    細かな横の通りは♪姉さん六角・蛸・錦〜♪という歌を参考にすれば簡単!

     

     

     

     

    そんな京都の町でお客様の家をいくつか建築中

    現在建築中の家を追います パート4 です

     

    続き!工事中の内部をご紹介します

    これは 断熱材を吹き付けているところです

    断熱材といえば 板みたいなものしか私 知りませんでした

    この発泡性の断熱材はアクア施工といって 吹き付けるとモコモコと膨らみます

     

     

     

    吹き付けた後は

    人の手によって丁寧に余分のある発泡剤を取り除いていきます

    こうして でこぼこを無くし、壁がしっかりと密着するようにしていきます

     

    ・・・首が 痛くなりそうな角度ですね

     

     

     

    この部分はユニットバスが入る所です。

    ダクトもしっかり丁寧に取付け、換気がしっかりとできるようにしてあります

     

     

    ユニットバスが入りました

     

    こちらは配線です

    丁寧にまとめて安全に使用出来るようにしてあります

    外部だけでなく内部も丁寧な仕事をし

    より安全で、安心な家創りを心がけています

     

     

    SE構法の基礎からここまで

    随分形になってきました

    終盤に近付くにつれて完成が楽しみになってきます

     

     

    今回は ここまでペコ ネコ ぬこ の画像

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:京都

    JUGEMテーマ:建築

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

     

     

    100年たっても住みたい家
    サンキ建設のホームページはこちら
    生活を楽しめる家創りにこだわる
    サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

     


    家創り教室「資金編」

    0

      家創り教室 〜資金編〜 のご案内

       

       

       

      「家創り」を失敗無くすすめる為の要となる 資金

       

      数多くあるローンの形式の中で最適なものは何か?

       

      それは人それぞれ違ってきます。          

        

      選び方を間違うと、その後の生活に影響を及ぼすことになります。

      家創りの基本となる「資金」のポイントを学んでみませんか?

      疑問や不安をたくさん持ってお越しください。

      無料で開催しておりますので、お気軽にお申込ください。


      日 時   平成30年 9月 16日 (日)


      時 間   10:00〜12:00   14:00〜16:00

       

      ※次回の開催は平成30年10月28日(日)設計編を予定しております。


      場 所   株式会社 サンキ建設
      JR 山科駅  京都市営地下鉄東西線 山科駅
      お車でお越しの際は駐車場がございます。

      申 込   申込フォームもしくはTELにてご希望の時間帯を受付ております。

       

              申し込みフォーム       
      TEL 075−581−4141

       

      100年たっても住みたい家
      サンキ建設のホームページはこちら

      生活を楽しめる家創りにこだわる
      サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

      JUGEMテーマ:建築

       


      東福寺のあれこれ

      0

         

        京都の東福寺を紹介します。

        京都の観光名所ランキングで「東福寺」という名はあまり上位にはこないと思うのですが、

        交通の便が良く、また派手さはありませんが、京都の雰囲気を感じるお寺として是非とも見ていただきたいおススメの場所です。

         

        JR京都駅から奈良線でひと駅、約3分で「東福寺」に着き、JRと京阪電車の乗り継ぎが出来る便利な駅です。

        次の駅は伏見稲荷のある「稲荷駅」、歩いて20分程度と近い所にあります。

         

        東福寺で今回ご紹介するのは

        ・重森三玲作の庭

        ・広い境内にかかる三つの橋

         

        東福寺は山に面しており、橋から見る山々の渓谷、またお寺につながる少し傾斜のある歩廊は、なかなか趣があります。

        また東福寺は非常に広く、塔頭(たっちゅう)と呼ばれる小さなお寺が25もあり、それぞれに特徴があります。

        起伏があり、全てを回ると少し疲れます。庭を見ながらのんびりと歩きましょう。

         

        ・通天橋

         

        ・臥雲橋

         

        ・歩廊

         

        近代の名造園家と言われる重森三玲氏が手掛ける庭の数々。

        八相の庭

        ・方丈庭園

        近代庭園の傑作と言われており、白い砂石の中に石が置いているだけの庭ですが、なかなかの迫力です。

         

        ・北邸

        ・西庭

        これら庭を巡るのが東福寺の魅力の一つでもあります。

         

         

        100年たっても住みたい家
        サンキ建設のホームページはこちら
        生活を楽しめる家創りにこだわる
        サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

         

        JUGEMテーマ:京都


        京都の夏も終わりそうです〜現在建築中の家を追います 3〜

        0

           

          こんにちは サンキ建設の事務員です顔気持ち*゜ の画像

           

          今日の朝は とても涼しく昼間も風もあり比較的涼しいなと感じております

          京都では五山の送り火 大文字焼きが終わると涼しくなる・・・

          なんて言われていますが

          今年はみごとに大文字の翌朝から肌寒いくらいの気温にまで下りました

          夏が花火 の画像終わってしまうのではないかと

          寂しくなったりもしますが・・・顔文字 泣く の画像

           

           

           

          今年は異常気象で 熱中症になる方も多く

          ずいぶん早く夏がやってきた様に思っていましたので

          涼しくなるのも早いかもしれませんねにゃんこ の画像

           

          そんなとても暑い中、現場監督はじめ職人の方は

          お客様の家の建築を着々と手際よくすすめていました

           

          サンキの現場監督は とても優しい方ばかりです整理 の画像

          今回この現場を担当している監督さんはといえば

          とても話しやすく、物腰の柔らかい方です゜*ねこ*゜ の画像

          こんなわたしにも丁寧な敬語でいつも話してくれます。

           

          この仕事においてのやりがいを聞いてみるとピンク の画像

          お客様の家が完成し、住まわれてから定期点検でお客様に再び

          会う時があるのですが・・・

          そういったときにお客様より

          『とても住みやすいですねこ◎*◎ の画像』など満足して過ごされているようなら

          とても嬉しいねこ ぬこ の画像と言っていました。

          現場でのあだ名?呼び名は【副社長】です笑い の画像

          社長も現場に行くことがあるのですが、

          ある日職人さんたちが

          現場にやってきた 恰幅のいい現場監督を見て 社長だと思いこんで

          一斉に挨拶をした。のがこの呼び名のはじまりですパステル 可愛い 笑い の画像

           

          その状況だいたい想像できそうです

          最近は町内会の組長をやられているので組長というあだ名も増えましたハート 笑可愛い パステル の画像

          たいへん雰囲気のよい環境で家づくりをしております。

          ちなみに趣味はビリヤードとシブいです。

           

           

           

          さて、建築中の家は随分とすすんでおります!

           

          今回は、写真多めでご紹介します。

          なかなか見れないところが盛りだくさんで

          初めて一から家が建っていく過程を見る私は

          大興奮で、とても勉強になっています。なので

          『家を建てたい!』『これから家を建てようと思っているけど不安』

          と、お思いの方には ぜひ見ていただきたいですね゜*ねこ*゜ の画像

           

           

          届きました

          SE構法の土台です。SE構法の基準基礎のうえにしっかりと組んでいきます

          クレーンで上げ

          SE構法の構造材を大工さんたちが組み上げていきます

          しっかりと金具で接合された構造材です

           

          この屋根にはゴムアスルーフィングという

          浸湿防水シートです。大切な家に雨漏りしない、快適に過ごせるよう

          屋根の下にこのようなシートを敷きます。

          台風や、大雨、強風時には瓦の下に雨水が侵入したりする事もあるので

          そのような時にも大丈夫です!!

           

          ↑↑棟上後のなかなか見れない景色

          建物内には これから使用する木材が置かれています

          床にはタイベックシートといって透湿、防水性のあるシート

          (主に壁に仕込んで屋内を快適な状態にしたり、保護する役割りをします。)

          を床に敷き、これから使用する木材や、工具などで傷がいかない様にしています。

           

          ベランダの防水加工、排水の基準 

          細かなところもきっちり仕上げていきます

           

          出来上がったベランダもタイベックシートで完成まで綺麗に保護しておきます

           

          ↑↑室内こんなに明るいです

          採光をたくさん取り入れ、風もしっかり吹き抜けます

          完成が楽しみです

           

           

          次回は工事中の内部もどんど紹介していきたいと思いますねこ◎*◎ の画像

           

          100年たっても住みたい家
          サンキ建設のホームページはこちら
          生活を楽しめる家創りにこだわる
          サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

           

           

          JUGEMテーマ:建築

          JUGEMテーマ:地域/ローカル

          JUGEMテーマ:京都

          JUGEMテーマ:家庭

          JUGEMテーマ:スポーツ

          JUGEMテーマ:日記・一般

           

           

           

           


          伏見稲荷大社のあれこれ

          0

             

            休みの日に伏見のお稲荷さんへお参りに行ってきました。

             

            今日本で最も外国の人に人気のあるの社寺が伏見稲荷大社だそうです。

            大阪生まれの私にとって伏見稲荷は、子供の頃に行っただけで、朱色の鳥居とスズメの丸焼きがかすかな記憶がある程度。

             

            伏見の稲荷さんは非常に歴史あり、全国に30000ほどある稲荷さんの総本宮です。

            伏見稲荷のホームページより「宮司のご挨拶」を拝借

            「当社の御祭神である稲荷大神様がこのお山に御鎮座されたのは、奈良時代の和銅4年(711)2月初午の日のこと。その日から数えて、平成23年(2011)に御鎮座1300年を迎えました。」

             

            京都駅から「稲荷」まではJR奈良線で、2駅目、6分程度の非常に近い所にあります。

            京都駅の線路でもっとも南側の8、9、10番線。

            普通電車が20分に1本程度と少し少ないかも、快速に乗ると通り過ぎますので、気を付けてください。

             

             


            「稲荷駅」に到着

            こじんまり小さな駅。

            最近改修した様子で、きれいになっています。

            外国人の対応として、英語、中国語、韓国語の掲示物が至る所に見受けられます。

            ここから伏見稲荷までは3分程度、向かいの道路を超えたすぐの所、迷う事もなく行けます。

             

             

            門の両脇には狐が迎えてくれます。

            狐は稲荷神の神使とされ、お稲荷さんに取っては重要な存在です。

             

            ・伏見稲荷のHPより拝借しました

             

            規模が大きく、この稲荷山が神社の所有だそうで、寄付で集められた鳥居の数が約10000というから驚きです。

            高さ4mくらいのものから2m位のものまで、延々と山頂までアーケードのように導いてくれます。

            また手入れも良く、見事に朱色に輝いて鮮やかです。

             

             

             

             

            途中に小さな社があり、それぞれ非常に特色のある形をしており、一つづつお参りをすると御利益も多いかも。

             

             

             

            降りてきて、参道には多くの屋台、お店、お土産物屋さんが並んでいます。

            昔のイメージでは、この参道の両側にスズメの丸焼きの屋台が多く並んでいたと思うのですが、スズメを売っているのは1件しか見つけられませんでした。実際には3軒ほどあるようです。

            お稲荷さんと言えば「スズメ」というイメージが強く、多分京都でもここしか提供してないのではないでしょうか。

            是非召し上がれ。

             

             

            伏見稲荷には仏像とかの見物できるものはあまりないのですが、朱色の鳥居をくぐるというのは、昔タイムトンネルというドラマがありましたが、都会から別の世界へ導いてくれる何かがあるような思いにさせてくれます。

             

             

            100年たっても住みたい家
            サンキ建設のホームページはこちら
            生活を楽しめる家創りにこだわる
            サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

             

            JUGEMテーマ:京都

             


            夏季休暇のご案内

            0

              夏期休業のご案内

               

              平素は、ご愛顧いただき誠に有り難うございます。

              誠に勝手ながら、下記日程の業務を休業させていただきます。

              ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

               

              ■休業日■  2018年8月11日(土)〜8月16日(木)

               

              なお、上記休業日にいただいたお問合せ・ご連絡につきましては、 2018年8月17日(金)以降に順次対応させていただきます。

               

               

               

              100年たっても住みたい家
              サンキ建設のホームページはこちら
              生活を楽しめる家創りにこだわる
              サンキ建設社長のつれづれブログはこちら


              ハイブリッドエアコン「エコウィン」

              0

                 

                京町家宿舎季楽庵で設置しています、ハイブリッド型冷暖房システム「エコウィン」を紹介します。

                ハイブリッドとは「異種なものを掛け合わせたもの」という意味でが、冷暖房にエアコンの風だけではなく、室外機から室内機に冷たい液体「冷媒」を上手く活用したものです。

                 

                部屋の間の壁に、アルミ製の仕切りがあります。これがエコウィンです。

                この物自体に、冷暖房機能があるわけではありません。

                この部屋に設置しているエアコンの冷媒を通しているだけです。

                ですから冷暖房費用はエアコンだけでありながら、隣の部屋も冷暖房できるという事です。

                それも輻射熱という、体に優しい自然な空気で冷暖房を感じることが出来ます。

                 

                注意として、冷房時にアルミパネルが冷えて水滴が付きます。

                流れ落ちる水は下のドレインを通じて排出されるのですが、ご注意ください。

                冬場はこのアルミパネルが人が触っても大丈夫な程度(45°~50°)暖かくなります。

                人に非常にやさしい冷暖房システムです。

                是非とも一度ご覧ください。

                 

                 

                 

                 

                 

                京町家の宿舎 季楽庵

                100年たっても住みたい家
                サンキ建設のホームページはこちら
                生活を楽しめる家創りにこだわる
                サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

                JUGEMテーマ:京都

                JUGEMテーマ:建築

                 


                京都は祇園祭〜現在建設中の家を追います 2〜

                0

                  こんにちは サンキ建設事務員です笑顔 の画像ハート*゜ の画像

                   

                  暑いですぬこ 汗だく の画像 京都の夏は 蒸し暑いです・・・溶ける の画像

                  毎年のことですが、こんなに暑かったかな〜?

                  と夏が来るたび思います。よね?笑 の画像

                   

                   

                  我が自宅では、冷房がきれない事件が起こっています。

                  きるタイミングを逃しつづけ 

                  なんとピンク の画像歴代 冷房持続日数《ダントツの1位》獲得ですぼかし の画像

                   

                  いやいや。あぁ・・・嬉しくない。

                   

                   

                   

                  そんな中、京都では祇園祭が7月から始まっていまして

                  もうすぐクライマックスです。

                   

                  サンキ建設プロデュースの宿所【季楽庵】には

                  海外のお客様がたくさん来られるので

                  思い切り京都らしさを満喫していただけるのではないかと思います夏だよ。風鈴 の画像

                  盆地ならではの蒸し暑さも・・・ぬこ 汗だく の画像

                   

                  毎年 祇園祭の宵山では かならず!!!雨が降るのですが

                  今年は雨が降りませんでした。

                  夕立など、わずかでも振る雨が・・・降りませんでした!!!!!!

                   

                  京都人はビックリですぬこ びっくり の画像(私の周りだけかもしれませんが・・・笑)

                   

                  雨の降らない祇園祭を初めて体験しました。

                   

                   

                   

                  祇園祭中の7月もちゃくちゃくと施工はすすんでいますニコちゃん の画像

                  さて、建築中の現場の続きです。

                  基礎です。

                  今回 SE構法 の家でしたねぬこ の画像

                  SE構法の基礎です

                  鉄筋もしっかり組んでおります!

                   

                   

                  ふむふむぬこ*゜ の画像

                  そこに・・・

                   

                  コンクリートを流し(しっかり近隣道路にも配慮しながら)

                   

                  そして固まると

                  こんなふうに基礎ができます!

                   

                  しっかりと鉄筋をコンクリートが固めております。

                  強度はこの骨組みも大切です

                  基礎から耐震性の計算がされています。

                   

                   

                   

                  ここまでくると だいたいの家の形が想像できますね

                   

                  そして、わたしはぬこ くすくす の画像

                  『ここをリビングにして〜』

                  『ここは玄関』

                  『ここにお風呂を・・・』

                  と、勝手な設計を頭の中で組み立ててしまいます

                  (実際はそんな簡単じゃないんですけど〜汗っ の画像

                   

                   

                   

                  そして!そして!

                   

                  矢印、気持ち↓←↑→ の画像これは、SE構法での建築に使用する構造部材です

                  SE構法の壁や柱です。

                  SE構法の工場から出荷される まさに その瞬間です=?utf-8?B?44GE44KN44GE44KN?= の画像

                   

                  専用構造部材

                   

                  この材木に秘密あり!!!!

                   

                  特別な 仕掛け?笑  がしてあるんですね〜

                  以前のブログでも軽くご紹介いたしましたが

                  パンフレットを見ていただくと すごいですよ!!!

                  よかったら資料請求してみてくださいね=?utf-8?B?44GE44KN44GE44KN?= の画像

                  わたくし事務員が お送りいたしますハート の画像

                   

                   

                   

                  次回、現場に届いた SE構法の構造部材

                  どのように組み立てていくんでしょう?

                  (もう組み立てていますので急いで次回ブログで報告したいと思いますぬこ くすくす の画像

                   

                   

                   

                  JUGEMテーマ:京都

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                  JUGEMテーマ:日記・一般

                  JUGEMテーマ:建築

                   

                  100年たっても住みたい家
                  サンキ建設のホームページはこちら

                  生活を楽しめる家創りにこだわる
                  サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

                   

                  京町家の宿 ~季楽庵 京都駅南 ~

                   

                   

                   

                   


                  家創り教室 ~ 設計編 ~ のご案内

                  0

                    家創り教室のご案内    

                    《設計編》

                     


                    生活を楽しめる家、100年たっても住みたい家にするには?

                     

                     


                    家創りで本当に大切なことって何?

                    住みやすい間取り・省エネ性能・耐震性能・建設費を抑えるコツ・・・

                    家創りの基本となる「設計」のポイントを学んでみませんか?

                    疑問や不安をたくさん持ってお越しください。

                    無料で開催しておりますので、お気軽にお申込ください。
                    日 時   平成30年 8月 26日 (日)

                    時 間   10:00〜12:00   14:00〜16:00

                    場 所   株式会社 サンキ建設
                           JR 山科駅  京都市営地下鉄東西線 山科駅
                           お車でお越しの際は駐車場がございます。

                    (予告) 平成30年 9月 16日  (日)
                         「資金編」を予定しております。

                    申 込   申込フォームもしくはTELにてご希望の時間帯を受付ております。

                     

                           TEL 075−581−4141

                     


                    JUGEMテーマ:建築

                    JUGEMテーマ:家庭

                     

                    100年たっても住みたい家
                    サンキ建設のホームページはこちら

                    生活を楽しめる家創りにこだわる
                    サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

                     

                    京町家の宿 ~季楽庵 京都駅南 ~

                     

                     

                     


                    下京区で改修中の簡易宿舎「季楽庵 京都駅北」

                    0

                      京都市下京区で明治に建設された京町家の改修現場です。

                       

                      2か月ほど前に、骨組みをご紹介させていただきましたが、ようやく建物がほぼ完成いたしました。

                       

                      旅館業法「簡易宿舎」の免許を取得する為、標識を設置しています。

                       

                      宿舎の申請は建物がほぼ完成してからの申請となりますので、認可がおりて宿舎としてオープンするのは9月頃だと思われます。

                       

                      建物全体を新しい材料で改修したので、新築かと思われるのですが、一部古材が見えるところがあります。

                       

                      2階の天井を高くするために、一部梁を表(あらわし)にして施工しています。

                       

                      見せるだけではなく、デザインとして活かせるような加工をするのですが、結構大変だったそうです。

                       

                      特に2階の天井はは本格的な格(ごう)天井と竿縁(さおぶち)天井。

                      あまり一般的な住宅では見られない天井です。

                      大正のレトロを想い頂けるような仕様に仕上げます。

                       

                      オープンが楽しみです。

                       

                       

                      JUGEMテーマ:京都

                      JUGEMテーマ:建築

                      JUGEMテーマ:海外一人旅

                       

                      100年たっても住みたい家
                      サンキ建設のホームページはこちら
                      生活を楽しめる家創りにこだわる
                      サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

                       

                       


                      calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>
                      おすすめの本
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      • 京都の町あれこれ「信長ゆかりの本能寺」
                        komo (01/08)
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM