家創り教室のご案内 〜設計編〜

0

    家創り教室のご案内    

    《設計編》


    生活を楽しめる家、100年たっても住みたい家にするには?

     

     


    家創りで本当に大切なことって何?

    住みやすい間取り・省エネ性能・耐震性能・建設費を抑えるコツ・・・

    家創りの基本となる「設計」のポイントを学んでみませんか?

    疑問や不安をたくさん持ってお越しください。

    無料で開催しておりますので、お気軽にお申込ください。
    日 時   2019年 7月 21日 (日)

    時 間   10:00〜12:00   14:00〜16:00

    場 所   株式会社 サンキ建設
           JR 山科駅  京都市営地下鉄東西線 山科駅
           お車でお越しの際は駐車場がございます。

    (予告) 2019年 8月 25日 (日)
         「資金編」を予定しております。

    申 込   申込フォームもしくはTELにてご希望の時間帯を受付ております。

     

           TEL 075−581−4141

     

    100年たっても住みたい家
    サンキ建設のホームページはこちら

    生活を楽しめる家創りにこだわる


    時代とともに・・・デザイン一新!!!

    0

       

      こんにちは。螢汽鵐建設の事務員です★

       

      ようやく梅雨に入りました!

      それまでは真夏日が続き、5月なのに驚くような暑さでした!!

      かと思えば朝晩は 冷え込み寒暖差に体調を崩す方も多かったように思います。

       

      京都は観光客の方も多いので

      楽しんでもらう為にも少しは 過ごしやすくなればよいのですが〜。

       

       

      ★6月末には大阪でサミット開催

      ★7月には祇園祭

      ★9月はラグビーのワールドカップが開催

      されるにあたり

      宿舎にもさまざまな国の方より ご予約いただいております。

      今まで利用されるお客様はアジア圏の方が多かったのですが

      フランスや、ニュージーランドからもご予約いただいており

      自慢の宿舎で

      日本家屋の良さを感じていただければ・・・と、思っております。

      もちろん地方から日本のお客様も来て頂いていますので

      この機会にぜひ、京都へ遊びに来てほしいです

      インスタグラムやってます☆@kirakuankyoto

       

       

      平成から令和にかわり、時代がかわると

      日本にも さらに活気が出てくる そんな気がしています

      オリンピックのチケットも販売予約開始いたしましたし

      どんどん国際化していくのではないでしょうか・・・。

       

       

      そして時代の流れとともに時代に合わせた変化も

      していく事も大切だと思います。

      螢汽鵐建設の社長は 

      (部下がこんなこと言うのは失礼かもしれませんが・・汗)

      とても勉強熱心な方です。

      常に新しい情報をキャッチされていて ビックリします。

      『流行のものはわからない・・・』という方も多いですし

      《流行のものはとりあえず手を出す》という方もおられます。

      じっくり物事を見据えるには

      培ってきたものと、新しいものの良さを融合させたり、

      比べたりする事も大切なんだな・・・

      と、社長を見て勉強している一つでもあります。

       

       

      そこで今回!!!令和にかわり

      長年 使用していました工事用看板のデザインを一新することを提案したところ

      社長にGOサインをいただきました。

       

      長年使用していたものを変える事や、無くしてしまう事は

      なかなか勇気のいることなのですが

      ガラッっと一新することになりました!!!

       

       

      まず、工事用看板とは???

         

       ↓ これです   

       

      【何か工事してる・・・なんの工事かな??】

      と、思って目に付く事もあるかと思います。

      工事現場の周りを囲っているシートや、フェンスに貼ってあるアレです。

       

      そして、このデザイン画が長年螢汽鵐建設で使用されていたものなんです。

      年期はいっています★

      ところどころ修正を加え、追加され、

      その時代その時代の螢汽鵐建設の工事現場を見守ってまいりました。

       

      分かりやすいけど、しかし、どこか今の螢汽鵐建設のイメージとは

      違うのです・・・。

       

       

      そして、一新いたしました!!!

       

       

      これからは、こちらの看板にて

      皆様のお目に触れ、工事のご挨拶、ご連絡させていただきます。

       

      螢汽鵐建設

      これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

       

       

       

      100年たっても住みたい家
      サンキ建設のホームページはこちら

      JUGEMテーマ:建築

      JUGEMテーマ:京都

      JUGEMテーマ:日記・一般

       


      立山から飛騨高山へ 2泊3日の旅

      0

        2日目・今回の目的でもある、称名滝へ行きます。

         

        6時に起きると外は雨

        昨日あんなに良い天気だったのになぜ。とにかくいざ称名滝へ。

         

        この称名滝ご存知ですか?

        日本一でありながらあまり有名ではないのですが、落差350mあります。

        そして雪解け水の残るこの時期、又は雨の多い時だけ現れるハンノキ滝は落差500mあります。

         

        私が小学生のころ、ある本でこの滝を知ったのですが、誰に聞いても知らず、気になっていました。

        実際に過去3回、この滝をまじかで見ようと来たのですが、道路が整備されておらず、また雪のために見ることが出来ませんでした。

        50年越しの挑戦です。ワクワク!!

         

        8時ごろには雨も小降りになり、いざ出発。車を止めてから歩いて約20分程度で滝の見える称名橋へ行くことが出来ます。

        ・途中の砂防ダム

         

        車を降りると、周りは断崖絶壁。

        以前「ブラタモリ」でここを紹介していたようで、この地域は滝によって侵食して出来た地形らしく、その為こんなに切り立った形になっているそうです。と奥さんが言っていました。

        大魔神が出てきそうですね・・・

        「君の名は」という新開監督の映画がありましたね。

        架空の場所ですが、飛騨高山の辺りを舞台としています、そして見ているとほんの一瞬この滝の風景が出てきます。

         

        正面に見えるのはハンノキ滝、この時期だけ見ることのできる他の小さな滝も確認できます。

        かんじんの称名滝は陰に隠れてよく見えません。なかなかじらせます。

        ・左から2番目が称名滝、その隣がハンノキ滝

        ・ハンノキ滝

        雨風がひどくなってきました。

        おかげで奥さんの傘を壊わしてしまいました。「ごめんなさい」

        自慢の一眼レフも使えません。ここは防水機能のあるスマホで撮っています。

         

        ・左が称名滝、右がハンノキ滝

        ・滝坪まで見ることが出来ました。周りは残雪です

         

        称名橋からはしっかりと称名滝が見ることが出来ます。

        感激です。

        ずぶぬれになりながら、充分にこの滝の存在感を感じることが出来ました。

        少し降りるともう雨も降っていません。

        先ほどの雨風は滝の滴と滝の息吹きですね。しっかりと受け止めてきました。

        全身ずぶ濡れ。

        寒い!!

         

        私にとってこの旅はここで終了。

        後は奥さんのお供です。

        昼からは五箇山、白川郷へ行きます。

         

        JUGEMテーマ:お出かけ

        100年たっても住みたい家
        サンキ建設のホームページはこちら

        生活を楽しめる家創りにこだわる


        立山から飛騨高山へ2泊3日の旅

        0

          2泊3日で立山から飛騨高山へ行ってきました。

           

          5月のゴールデンウィークは宿舎の仕事で忙しく、この時期に休みを頂いた次第です。

           

          ・室堂の雪の壁

           

          1日目 大阪を出発、名神高速道路・北陸道をへて富山県立山へ到着、立山アルペンルートで室堂を散策、立山で宿泊

          2日目 称名滝、五箇山、白川郷を見学、高山市で宿泊

          3日目 高山の朝市、郡上八幡のお城を見学 大阪の自宅に5時到着

           

          3日間で移動距離960kmと一人で運転するには少しハードな旅でした。

           

          〇1日目・立山アルペンルートで室堂へ

           

          ・黒部アルペンルートのHPよりお借りしました

           

          ・立山ケーブル駅

          ・立山ケーブル

           

          朝7時に大阪を出発、名神高速道路の山崎インターから北陸自動車道の立山インターまで約300km

          ケーブル立山駅に到着したのが昼の1時。少し疲れました。

          ここが長野県信濃大町まで続く立山アルペンルートの始まりです。

          (長野県から来るとここは終点になります)


          立山アルペンルートはもともと黒部ダムを建設する為に出来た道で、富山県から3000mの山々を超えて(くぐって)長野県まで行くことが出来ます。

          ケーブル、バスそして立山をトンネルで横断、ロープウェイで黒部ダムまで行き、そこからまたバスでトンネルを下って行く大掛かりなコースです。

          これを題材にした「黒部の太陽」という映画も有名です。

          今では観光用に整備されており、標高2400mの別世界へと連れて行ってくれます。

          今回は立山の中腹、室堂まで行って戻り、立山の駅近くで宿泊です。

           

          立山ケーブルで美女平へ

          ケーブルの終点美女平からバスで約50分、途中に称名滝を見て立山の中腹にある室堂バスターミナルに到着します。

          残雪が多く残る室堂では、ここならではの自然に触れるのが醍醐味です。

          途中で見た称名滝は、今回この滝をまじかで見るのも目的の一つ、明日の朝早く出発して、じっくり見たいと思います。

          ・称名滝

           

          室堂から

          午後3時、室堂のバスターミナルに到着、ここでは一面銀世界で、気温13度とかなり冷えます。

          バスターミナルから10分ほど歩いたところに、バスがすっぽり隠れる高さ13mの雪の壁が見ることが出来、多い時には20mの高さにまであるそうで、夏には無くなります。

          3時過ぎになるとこの道が閉鎖され、見ることが出来ません。

          このバスターミナルは、黒部ダムへ向かうトロリーバスが出発する中継地点となり多くの観光客で混雑しています。

          この時期空いていると思いきや、外国の方が多く世界的に有名な所のようです。

           

          ここで2時間程度、雪の中を散策してみます。

          近くにミクリガ池という写真では青々とした池があると見に行ったのですが、まだ氷に覆われて真白。

          一部氷が隆起して割れているのは氷河を見ているようで迫力がありました。

           

          室堂は大掛かりな登山装備も必要なく、下界では30度近いというのに、雪景色を体験でき、その気になれば雷鳥も見ることが出来る素晴らしい場所です。

          天気が良かったので、良い体験が出来ました。

           

          ・美女平

          ・室堂

          ・室堂バスターミナル(立山ホテル)

           

          ・ミクリガ池

           

          本日のお宿は立山国際ホテル。学生の頃2週間程度スキーシーズンのバイトで働いたホテルです。

          40年前とは外観も内装も変わりましたが、面影はあり、懐かしい所です。

          価格もリーズナブルで、お風呂も広く良いホテルですよ。

          是非お越しください・・・・

          ・立山国際ホテル

           

           

          100年たっても住みたい家
          サンキ建設のホームページはこちら

          生活を楽しめる家創りにこだわる

          JUGEMテーマ:お出かけ


          家創り教室のご案内 〜資金編〜

          0

            生活を楽しめる家、100年たっても住みたい家にするには?

             

             

             


            家創りで本当に大切なことって何?

            住みやすい間取り・省エネ性能・耐震性能・建設費を抑えるコツ・・・

            家創りの基本となる「設計」のポイントを学んでみませんか?

            疑問や不安をたくさん持ってお越しください。

            無料で開催しておりますので、お気軽にお申込ください。

            2019年 6月 16日  (日)
                 「資金編」を予定しております。


            時 間   10:00〜12:00   14:00〜16:00

            場 所   株式会社 サンキ建設
                   JR 山科駅  京都市営地下鉄東西線 山科駅
                   お車でお越しの際は駐車場がございます。
             

             

            12月の家創り教室はお休みさせていただきます。

             

            次回のご案内

            2019年 7月 21日(日)
                 「設計編」を予定しております。


            時 間   10:00〜12:00   14:00〜16:00

            場 所   株式会社 サンキ建設
                   JR 山科駅  京都市営地下鉄東西線 山科駅
                   お車でお越しの際は駐車場がございます。


            申 込   申込フォームもしくはTELにてご希望の時間帯を受付ております。

             

                   TEL 075−581−4141

             

            JUGEMテーマ:建築

            JUGEMテーマ:家庭

             

            100年たっても住みたい家
            サンキ建設のホームページはこちら

            生活を楽しめる家創りにこだわる


            ラグビーワールドカップ2019

            0

              ラグビーワールドカップが今年9月から日本で開催されます。

              関西でも開催会場があり、ご紹介します。

               

              前回は五郎丸さん達の活躍で盛り上がったこの大会。

              今回は日本の開催という事で期待も大きいですね。

              最近2件ある宿舎で、ラグビーが盛んなオーストラリアの方にお泊り頂きました。

              そして、すでに1組のニュージーランドの方が9月30日から10月5日にご予約いただいています。

              是非とも当宿舎に、世界から応援に来られる方々にご利用していただきたいと思います。

               

              開催日が9月20日から11月2日まで1ヶ月を超える長期間。

              オリンピック、パラリンピックは関東だけで行われますが、

              この大会は日本各地、12か所で開催されます。

              近畿では神戸の御埼公園と大阪の高校ラグビーの聖地、花園ラグビー場で行われます。

              残念ながら京都では開催されないのですが、多くの様々な国の方が京都に訪れるでしょうね。

               

              ちなみに私が住んでいる大阪の島本町。

              島本高校という公立高校がありますが、過去にラグビーで全国大会にまで出た有名な高校。

              特に前回出場した堀江翔太選手はこの学校の出身です。

              私の長男と同じ名前でもあり、一押しですね。

              是非とも今回の大会にも出場して活躍していただきたいものです。

               

              ・神戸競技場の日程

              9月26日 イタリア vs ナミビア

              9月30日 アルゼンチン vs トンガ

              10月3日 ジョージア vs フィジー

              10月8日 アメリカ vs トンガ

               

              ・大阪 花園ラグビー会場

              9月22日 イングランド vs アメリカ

              9月28日 スコットランド vs サモア

              10月3日 アイルランド vs ロシア

              10月13日 南アフリカ vs カナダ

               

              ・日本との対戦相手と日程

              9月20日 vs ロシア

              9月28日 vs アイルランド

              10月5日 vs サモア

              10月13日 vs スコットランド

               

              がんばれニッポン!!

               

              JUGEMテーマ:スポーツ


              桜〜雪見障子

              0

                こんにちは。

                サンキ建設の事務員です☆

                 

                今年の桜は寒さのおかげで 長持ちしたようですね

                土日がお休みの方も、満開の桜を見ながらお花見ができたのではないでしょうか?

                 

                 

                 

                サンキ建設がある山科から地下鉄で3つ目の駅から歩いて数分には

                桜で有名な醍醐寺があります。

                醍醐寺といえば世界遺産・徳川家康

                 

                 

                桜の季節や、紅葉の季節などがTVなどでも取上げられますが

                京都は年中通して観光する場所がたくさんあります。

                自社仏閣も行きつくせないほど。

                たくさんの方に知ってほしいです。

                遠方にお住まいの方は

                京都にお出かけになられる際に

                京都らしい、盆地ならではの『ビルと、お寺、山が融合している町並みと景色』

                見ながら歩かれるのも楽しいかと思います。

                 

                 

                そんな町並みを崩さず、京町家の外観を生かす

                螢汽鵐建設では簡易宿舎をプロデュースしているのですが

                京都に観光に来られる際は、ぜひ利用していただきたいです。

                 

                家づくりの参考や、イメージ作りに役立てていただけるのでは・・・

                と、思っています。

                 

                家具や照明などにもこだわり、庭も大変ステキです。

                 ↑ 季楽庵で迎えてくれるだるまさん  

                 ↑左の木には真っ白のきれいな《椿》が咲きます 

                 

                そして、この庭をよりステキに見せてくれるのが

                 

                雪見障子です。正式名称は『雪見刷り上げ障子』

                さまざまな形の雪見障子がございますが

                こちらは上下可動式のタイプです。

                 

                障子の高さを自由に変更できます

                  

                ライトアップをして陰影を楽しむことができるようになっている庭を

                 

                室内より眺めることができ、なおかつ外部上空の視線は隠されるので

                隣接するご近所様2Fから見えることもありません。

                雪見障子というだけあって雪景色を室内から眺めることができる・・・

                だけでなく、季節ごとに桜や、紅葉・・・庭に植える植物の

                移り変わりも楽しめます。

                 

                雪見障子・・・田舎のおばあちゃんの家にありました。

                なんで障子にガラス入ってるのか、風情の分からない子供の頃は不思議に感じていました。笑

                 

                こんなステキな空間。

                自然・季節をインテリアに加える発想

                『廻り廻って新しい!!!!』ですよね 

                 

                わたしも家にほしいです・・・。

                 

                 

                そして、このお庭・・・お風呂からも見れます♪

                 

                 

                家づくりの参考にしていただければと、思います☆

                 

                 

                 

                 

                 

                JUGEMテーマ:建築

                JUGEMテーマ:家庭

                JUGEMテーマ:京都

                JUGEMテーマ:日記・一般

                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                JUGEMテーマ:おでかけ・散歩

                 

                 

                100年たっても住みたい家
                サンキ建設のホームページはこちら
                生活を楽しめる家創りにこだわる
                サンキ建設社長のつれづれブログはこちら


                ゴールデンウィーク、休業日のご案内

                0

                  ゴールデンウィーク営業のご案内

                   

                  2019年 4月29日(月)より
                  2019年 5月 6日(月)までお休みさせていただきます。

                  2019年 5月7日(月)より通常営業致します。


                  よろしくお願いいたします。

                  JUGEMテーマ:建築

                  100年たっても住みたい家
                  サンキ建設のホームページはこちら
                  生活を楽しめる家創りにこだわる
                  サンキ建設社長のつれづれブログはこちら


                  嵐山から仁和寺へ桜を求めて

                  0

                    4月3日(水)休みの日に嵐山から嵐電を使って仁和寺へ桜を求めて行ってきました。

                     

                    午前6時、朝日を電車の中から見ながら阪急の嵐山駅に到着。

                    ここ数日すごく寒い!!

                    昨日の雨のせいで少し水たまりが見えますが、空は雲も少なく晴れるかな?

                    この時間、さすがの嵐山も観光客がほとんどもおらず、良い写真が撮れそうです。

                    ただ桜の時期としては少し早かったかな?

                     

                    ・阪急の嵐山駅

                     

                     


                     

                    阪急嵐山から桂川沿いに渡月橋へ歩くと河川敷が広がります。

                    このあたり一帯に桜が植えられており、見事です。

                     

                    ・嵐山

                    ・嵐山

                    ・嵐山 渡月橋

                    少し水が少ないですね。

                    ・天龍寺

                    渡月橋から歩いて5分程度の所に世界遺産の天竜寺があります。

                     

                    ・京福電鉄 嵐山駅

                    京福電車の嵐山駅には、足の湯があります。

                    京都の町中を通る京福電鉄。

                    京都ではこの電車のことを通称「嵐電」(らんでん)と呼び、1907年に開通した古くから京都で親しまれている電車です。

                    この時期、京都を回るのに、道路が混雑しているのでバスよりこの電車を使うのがお薦めですね。

                    ・京福電鉄 

                    嵐山から帷子ノ辻(かたびらのつじ)で乗り換えて約10分、鳴滝駅と宇多野駅の間にこのような桜のトンネルが広がります。

                    電車の最後尾でカメラを構えているといきなり現れます。美しいですよ。

                    あと4,5日で満開ですかね。

                     

                    ・京福電鉄

                     

                    ・京福電鉄 御室駅

                    ここから真正面に仁和寺の参門が見えます。

                     

                    ・仁和寺

                     

                    ・仁和寺の御室桜

                    仁和寺の御室桜は遅咲きで有名、まだしっかりとしたつぼみの状態です。

                    他の桜が散ったころが見頃でしょうね。

                     

                    ・仁和寺 つつじ

                    広い境内には、つつじや桜でいっぱ。

                     

                    ・JR花園駅

                    御室駅から南へ約15分、JRの花園駅に着きます。

                     

                     

                    JUGEMテーマ:おでかけ・散歩

                     

                    100年たっても住みたい家
                    サンキ建設のホームページはこちら

                    生活を楽しめる家創りにこだわる
                    サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

                     

                    京町家の宿 ~季楽庵 京都駅南 ~


                    比叡山を横断 滋賀県「坂本」〜京都市「八瀬(やせ)」

                    0

                       

                      ・日吉大社 東本宮本殿(国宝)

                       

                      今まで何度か車で行ったことがあるのですが、今回は全て公共機関を利用。

                      約50年ほど前、私が大阪に住んでいて小学生だったころ、林間学校で比叡山の宿坊に泊まったことがあります。

                      今回はそれをたどりながら、比叡山を滋賀県から京都まで横断してみたいと思います。

                      ・坂本の町

                       

                      JR湖西線の「比叡山坂本駅」で下車。

                      ここからケーブルまで歩いて約10分。バスもあるのですが、坂本の町をぶらり。

                      ちなみにJR湖西線は1974年に完成。

                      という事は私が小学生の頃はまだ出来ていません。多分隣を走っている京阪電車で来たんでしょうね。

                      ・京阪電車坂本駅

                      途中にある京阪坂本駅。すごくモダンな駅舎です。

                       

                      まっすぐ行くと突き当りに日吉大社。

                       

                      ・拝殿

                      ・二宮橋(重要文化財)

                       

                      日吉大社には西本宮本殿、や東本宮本殿の国宝や多くの重要文化財のある由緒ある神社です。

                      ここからすぐ西にケーブルの駅があります。

                      ・ケーブルのりば

                       

                      古い駅舎、何とこのケーブル完成が1927年91才とのこと。

                      国の有形文化財として指定、頂上まで全長2025mは日本最長だとか。

                      すごいですね

                       

                      ・ケーブルカー

                      モダンな車両

                       

                      比叡山園山頂に到着。帰りは京都の方へ降ります。

                      京都へはロープウェイとケーブルを乗り継いで、京都の八瀬(やせ)へ向かいます

                      「ロープウェイのりば、うさぎ跳びで約5分」

                      歩いて2程度で行けます。体力のある方はぜひうさぎ跳びで

                       

                      ・叡山ロープウェイ

                      1928年に開業、486mを3分で運行

                      ・叡山ケーブル

                      1925年に開業、1067mを9分で運行

                      どちらとも今は京福電鉄が運営しています。

                       

                      ・ロープウェイ

                       

                      ・ケーブル

                      ・途中お猿さんを発見

                       

                      ロープウェイとケーブルを合せて約700mの高低差を一気に下ります。

                      気圧が変わったせいで、耳が少し「ツン」とします。

                       

                      ・ケーブル八瀬駅

                      ・京福電鉄、八瀬駅

                      旧字体そのままで書かれた看板。

                       

                      ・八瀬駅から出町柳まで通るなんともモダンな電車

                      新旧取り混ぜた様々な乗り物に乗ることが出来ました。

                      4月の始めだと桜もきれいだと思います。

                       

                      JUGEMテーマ:おでかけ・散歩

                      100年たっても住みたい家
                      サンキ建設のホームページはこちら

                      生活を楽しめる家創りにこだわる
                      サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

                       

                      京町家の宿 ~季楽庵 京都駅南 ~


                      calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>
                      おすすめの本
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      • 京都の町あれこれ「信長ゆかりの本能寺」
                        komo (01/08)
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM