ハイブリッド型冷暖房システム ecowinHYBRID

0

    京町家宿舎季楽庵で設置しています、ハイブリッド型冷暖房システム「エコウィン」を紹介します。

     

    部屋の間の壁に、アルミ製の仕切りがあります。これがエコウィンです。

    この物自体に、冷暖房機能があるわけではありません。

    この部屋に設置しているエアコンの冷媒を通しているだけです。

    ですから冷暖房費用はエアコンだけでありながら、隣の部屋も冷暖房できるという事です。

    それも輻射熱という、体に優しい自然な空気で冷暖房を感じることが出来ます。

     

    注意として、冷房時にアルミパネルが冷えて水滴が付きます。

    流れ落ちる水は下のドレインを通じて排出されるのですが、ご注意ください。

    冬場はこのアルミパネルが人が触っても大丈夫な程度(45°~50°)暖かくなります。

    人に非常にやさしい冷暖房システムです。

    是非とも一度ご覧ください。

     

     

     

     

     

    京町家の宿舎 季楽庵

    100年たっても住みたい家
    サンキ建設のホームページはこちら
    生活を楽しめる家創りにこだわる
    サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

    JUGEMテーマ:京都

    JUGEMテーマ:建築

     


    建築あれこれ「茶室のあるお家」

    0

      京都でも、一般の住宅で、これだけ本格的な茶室は少ないと思います。


      3帖の茶室、床の間には四季毎に掛け軸を飾ります。窓は円窓にしています。

      「円」は禅では無心さと「複数の私」が存在していない事を象徴するのだそうです。

       

       

      この茶室のあるお宅、外観はこのような(下の写真)ものです。

       

       

      リビングには本格的なオーディオ器機が設置されており、隅から隅までとことんこだわったお家です。

      京都市山科区の閑静な住宅地にあります。

       

       

      JUGEMテーマ:建築

       

      100年たっても住みたい家
      サンキ建設のホームページはこちら

      生活を楽しめる家創りにこだわる
      サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

       


      京町家 季楽庵のあれこれ〜襖(ふすま)〜

      0
        大正時代に出来た古い町家の改修をする中で
        柱とか梁等の構造体は修復したりするのですが、ほとんどの物は廃棄してしまいます。
        その中で襖(ふすま)は何とか残しておきたい趣があります。
        実際に使うとなると傷みが多く、そのままでは使えないのですが、
        何とか修復してみたいですね。
        襖について少し調べてみました。
        由緒ある社寺で襖に国宝級のものが多くあるのです。
        考えてもみてください、襖というのはトビラですよね。
        床の間や装飾品を飾るような場所ではなく、トビラです。

        昔の人は、そのような所に装飾を施した立派な絵画を設けるのなかなかの心意気だと思うのです。
        昔の人は偉かった。

         

         

         

        JUGEMテーマ:建築

        JUGEMテーマ:家庭


        100年たっても住みたい家
        サンキ建設のホームページはこちら

        生活を楽しめる家創りにこだわる
        サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

         


        家創り教室 「設計編」

        0

          ■家創り教室のご案内    《設計編》

          生活を楽しめる家、100年たっても住みたい家にするには?

           

           


          家創りで本当に大切なことって何?

          住みやすい間取り・省エネ性能・耐震性能・建設費を抑えるコツ・・・

          家創りの基本となる「設計」のポイントを学んでみませんか?

          疑問や不安をたくさん持ってお越しください。

          無料で開催しておりますので、お気軽にお申込ください。
          日 時   平成29年 5月 28日 (日)

          時 間   10:00〜12:00   14:00〜16:00

          場 所   株式会社 サンキ建設
                 JR 山科駅  京都市営地下鉄東西線 山科駅
                 お車でお越しの際は駐車場がございます。

          (予告) 平成29年 6月 25日  (日)
               「資金編」を予定しております。

          申 込   申込フォームもしくはTELにてご希望の時間帯を受付ております。

           

                 TEL 075−581−4141
          JUGEMテーマ:建築

          JUGEMテーマ:家庭


          100年たっても住みたい家
          サンキ建設のホームページはこちら

          生活を楽しめる家創りにこだわる
          サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

           


          建築あれこれ「JR京都駅の原広司氏」

          0

            安藤氏に続いて、京都にゆかりのある建築家として原広司氏を紹介します。

             

            私の大好きな建物「JR京都駅」を設計されたです。

            JR京都駅はコンペで国内外数名の方より選ばれました。その中に安藤氏も入っておられました。

            外から見ると大きな壁(ガラス)のかたまりですが、中に入ると全体が吹き抜けとなっており、その規模に驚かされます。

            特に屋上まで続く大階段は京都の名所にもなっているほどです。

             

            生まれは神奈川県で、東京大学の名誉教授です、すごく偉い方ですね。

             

            大阪では梅田スカイビルを建てられました。

            JRで大阪に向かうと、パリの凱旋門のような大きな建物が見えてきます。

            積水が建てたビルで、屋上庭園があり、有料ですが誰でも見ることが出来ます。

            ツインビルをつなぐことを思いついたのは、タワーリングインフェルノという映画がきっかけで、

            一つのビルが火災になったときに、もう一つのビルから救助に行くということができるから。

            と聞いたことがあります。

             

            他に有名なものでは、日本ハムファイターズが本拠地としている札幌ドーム等があります。

             

            100年たっても住みたい家
            サンキ建設のホームページはこちら

            生活を楽しめる家創りにこだわる
            サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

             

             

            JUGEMテーマ:建築

             

             

             


            建築あれこれ・・「安藤忠雄さん『光の教会』を再現」

            0

               

              4月12日(水)のネットの朝日新聞の記事で「安藤忠雄さん『光の教会』再現」がありました。

              「建築家・安藤忠雄さん(75)の代表作の一つでコンクリート造の「光の教会」(1989年)が9月、東京・六本木の国立新美術館で改めて建てられることになった。同館を会場に、安藤さんの半世紀近い活動を紹介する「安藤忠雄展 挑戦」(朝日新聞社など主催)の概要が12日発表され、その目玉となる。」

              ということです。

              安藤忠雄さんと言えば、大阪出身の世界的な建築家です。

              高校を卒業して、独学で建築を勉強され、世界的な評価もさることながら、東京大学の教授にも選任され、また元プロボクサーで、すごいパワフルな方です。

              大阪や京都にはこの方の建物が多くあり、大阪府茨木市にある光の教会も含めて、何件か見に行きました。

              特に印象に残るのは兵庫県の山奥に「兵庫県立木の殿堂」という博物館があります。

              私の田舎の近くでもあり、行ってみたのですが、外からは「木でできた倉庫?」という感じ。

              しかし中に入ると、木の構造躯体がそのまま見ることが出来、大きな空間が広がります。

              その表現力というか、その空間は感動的でした。

               

               

              私が学生のころ「住吉の長屋」というのが話題になりました。たぶん打ちっぱなしコンクリートを世に広めたきっかけとなる建物かもわかりません。

              東京オリンピックのスタジアムでは、選考委員の役員になっておられたみたいで、もう設計はされていないのでしょうか?

              以前テレビでよく拝見しましたが、まだまだ頑張っていただきたいと思います。

               

              JUGEMテーマ:海外一人旅

              100年たっても住みたい家
              サンキ建設のホームページはこちら

              生活を楽しめる家創りにこだわる
              サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

               

               

              JUGEMテーマ:建築

               


              仮設足場の美

              0

                今住んでいるマンションが昨年から塗装工事が行われており、ようやく終了となります。

                5棟ある中で、最後の棟の養生シートがめくられ、足場が見られたのですが、

                その精密さというか、シルバーに輝く構造体が美しいのです。

                多分2~3日中には解体されると思うのですが、ほんの一時だけのお披露目です。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                JUGEMテーマ:建築

                 

                100年たっても住みたい家
                サンキ建設のホームページはこちら

                生活を楽しめる家創りにこだわる
                サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

                 

                 

                 

                 

                 


                家創り教室 「設計編」

                0

                  ■家創り教室のご案内    《設計編》

                  生活を楽しめる家、100年たっても住みたい家にするには?

                   

                   


                  家創りで本当に大切なことって何?

                  住みやすい間取り・省エネ性能・耐震性能・建設費を抑えるコツ・・・

                  家創りの基本となる「設計」のポイントを学んでみませんか?

                  疑問や不安をたくさん持ってお越しください。

                  無料で開催しておりますので、お気軽にお申込ください。
                  日 時   平成29年 3月 26日 (日)

                  時 間   10:00〜12:00   14:00〜16:00

                  場 所   株式会社 サンキ建設
                         JR 山科駅  京都市営地下鉄東西線 山科駅
                         お車でお越しの際は駐車場がございます。

                  (予告) 平成29年 4月 23日  (日)
                       「資金編」を予定しております。

                  申 込   申込フォームもしくはTELにてご希望の時間帯を受付ております。

                   

                         TEL 075−581−4141
                  JUGEMテーマ:建築

                  JUGEMテーマ:家庭


                  100年たっても住みたい家
                  サンキ建設のホームページはこちら

                  生活を楽しめる家創りにこだわる
                  サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

                   


                  京都のまちあれこれ「京都市役所の建設現場」

                  0

                    京都市役所の工事現場です。

                     

                    今の建物は1927年(昭和2年)に建てられた鉄筋コンクリート造りの4階建て。

                    京都の顔と言える建物です。

                    この写真は北庁舎から撮ったものですが、遺跡の発掘の様子がうかがえるだけで、工事は全く進んでません。

                    工事予定を見ると完了するのが平成34年。

                    まだ時間がかかりそうですね。

                     

                    平成29年度   本庁舎建設工事(〜32年度)

                    西庁舎建設工事(〜30年度)

                    分庁舎建設工事(〜30年度)

                    平成31年度 北庁舎撤去及び建設工事(〜34年度)

                    平成34年度 整備完了

                     

                     

                     

                     

                    JUGEMテーマ:京都

                    100年たっても住みたい家
                    サンキ建設のホームページはこちら

                    生活を楽しめる家創りにこだわる
                    サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

                     

                     

                     


                    京町の甍(いらか)

                    0
                      甍(いらか)の波と雲の波・・・・
                      「こいのぼり」の歌の中で一番初めに出てくる言葉がこの甍
                      甍って何?辞書によると
                      1 家の上棟 (うわむね) 。家屋の背。屋根の頂上の部分。また、屋根に葺 (ふ) いた棟瓦 (むねがわら) 。
                      2 屋根瓦。また、瓦葺きの屋根。
                      もともと高くとがっている部分の意の「苛処 (いらか) 」という言葉が発祥だそうです。
                      童謡に出てくるほど昔は甍=瓦はその風情を代表するものだったのだと思います。
                      和風の建物で、瓦は最もこだわりたいところの一つ。
                      瓦には平瓦、のし瓦、けらば瓦、一文字瓦、ともえ瓦、鬼瓦・・・と20種類程あります。
                      昔から屋根に対してそれだけこだわりが強いということでしょう。
                      京都の町で、美しく統一された街並みの特徴の一つに、この瓦の美しさもあると思います。
                      切妻の平入、いぶし銀の瓦を乗せた軒先がきれいに統一されています。

                      JUGEMテーマ:建築

                      100年たっても住みたい家
                      サンキ建設のホームページはこちら

                      生活を楽しめる家創りにこだわる
                      サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

                       

                       


                      calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>
                      おすすめの本
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      • 京都の町あれこれ「信長ゆかりの本能寺」
                        komo (01/08)
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM