京都の町あれこれ「京都駅に瑞風」

0

    JR京都駅でトワイライトエクスプレス「瑞風」を見かけました。

    全部で9車両、濃いグリーンの車体に大きな窓、そこから見える内部の様子はまさしく高級ホテルのリビングといった様子。

    「美しい日本をホテルが走る」をコンセプトにしているだけの事はあります。

    定員が34名だそうです。普通の車両だと1車両200人くらいが定員だと思いますが、何とも贅沢な仕様です。

     

    大阪駅から下関まで、日本海と瀬戸内海を通って本州の西側を回るコースになっています。

     

    旅で、目的地までは移動手段として結構疲れるものですが、この電車に乗ると、移動自体が旅の目的と言えそうです。

    外の景色は大きな窓に描かれる絵画のごとく、ゆったりと眺めることが出来るでしょうね。

     

    これからの時期、京都から亀岡に行く途中、紅葉が美しいスポットがあります。

    新幹線のように、一瞬で通り過ぎるのではなく、きっとのんびりと眺めることが出来そうです。

     

    電車が京都駅から離れるとき、最終車両から、コックさんや中で働いている方々が、車両のバルコニーに出て手を振ってくれました。

    少しうれしくなりました。

     

     

     

    JUGEMテーマ:建築

    JUGEMテーマ:京都


    京都の町あれこれ「鴨川の鷺」

    0

       

      京都市内でも多くの鳥が生息しています。

       

      特に鴨川には、トンビや鷺(さぎ)、その他水鳥など見られます。

      さぎは水鳥という事もあって、川に留まることが多く、じっとしているのは、魚に気配を感じさせないようにし、近づいた魚を瞬時に取る為だそうです。

      白いのが子供で、大きくなると少し青みがかってきます。

      動きのある瞬間を写真で取ろうとするのですが、10分や20分はじっとしており、油断しているとすっとどこかへ行ってしまいます。

      なかなかこちらの思うようには動いてくれません。

      鷺をウィキペディアで調べると山下達郎の「ヘロン」という曲が紹介されていました。

      英語で鷺を「heron」と言います。

      よく聞いたことのあるこの曲。

      「飛び立てヘロン金色の世界へ、ゆるやかに舞い踊れ風を追いながら・・・」

      誰かを鷺に見立てて言っているのでしょうか?

      なかなかの名曲だと思います。

      この歌を聞きながら鷺を観察するのも良いのではないでしょうか。

       

       

      京町家の宿舎季楽庵

       

      100年たっても住みたい家
      サンキ建設のホームページはこちら

      生活を楽しめる家創りにこだわる
      サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

       

       

      JUGEMテーマ:京都

       

       


      京都の旅あれこれ「季楽庵 お披露目」

      0

        昨日、完成しました「季楽庵 京都駅南」を近隣の方々に、お披露目を行いました。

         

        私共は、改修時から近隣の方々とはコミュニケーションを取り、工事中、営業時にはご迷惑をかけないように、と対策を行っております。

         

        今回のお披露目も、町内会長さんのご指導もあり行いました。

         

        これから長いお付き合いとなりますので、よろしくお願いします。

         

         

         

         

        100年たっても住みたい家
        サンキ建設のホームページはこちら
        生活を楽しめる家創りにこだわる
        サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

         

         


        京都の旅あれこれ「季楽庵 石庭」

        0

          季楽庵京都駅南の庭の紹介です。

          季楽庵京都駅南には3m×2.5m程度の小さな庭があります。

          ここに龍安寺の石庭をまねて造ってみました。

          最も大きなもので高さ30センチ程度の石15石を配置しています。

          龍安寺の庭のように見えますでしょうか?

           

          龍安寺の庭は、いつ、だれが、どのような目的で作ったのかは定かでは無く、

          謎に満ちた庭で、近年「禅の庭」「哲学の庭」「推理の庭」と言われています。

           

          季楽庵にお越しいただく皆様には、この庭をご覧いただき、龍安寺ほどではないにしても、

          昔の人々の思いを感じ、京都の歴史を深く理解する為の一助となれば幸いです。

           

           

          JUGEMテーマ:京都

          100年たっても住みたい家
          サンキ建設のホームページはこちら
          生活を楽しめる家創りにこだわる
          サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

           

           

           

           


          京都の旅あれこれ「季楽庵 京都駅南完成」

          0

            改修を進めてまいりました、季楽庵京都駅南が完成しました。

            今回、築80年の町家の骨組みを活かし、改修という事で、思った以上に大変でした。

             

            京都らしく、軒先には行灯(あんどん)、玄関にはまだ取り付けていませんが暖簾(のれん)が付きます。

             

            内観は板間と畳の間3室と現代風の室内に仕上げました。

             

            2階の壁に、室内をやんわりと冷房、暖房が出来る「エコウィン」を設置しています。

             

            庭は、龍安寺の石庭をモデルに、枯山水に仕上げました。

             

             

             

            当社として第1号となる宿泊施設で、結構頑張りました。

             

            後は旅館業法を取得して営業となります。

             

            皆様もう少しお待ちください。

             

            JUGEMテーマ:京都


            京都の町あれこれ 「祇園祭」

            0
              祇園祭の山鉾巡行が7月17日に行われました。
              休日と重なったため、いつもより多くの方が来られたみたいです。
              元々祇園祭は八坂神社の祭礼で、疫病退散の神事を行ったことが始まりとされ、1000年以上の歴史を持つ壮大なお祭り。
              総重量12トンもの長刀鉾を先頭に美しく着飾った23基の山鉾が京都の町中をゆっくりと練り歩きます。

               

              祇園祭は17日の山鉾巡行が大きく取り上げられていますが、
              実は一か月に及ぶいろいろな行事が行われています。

              特に「お稚児さん(おちごさん)」の存在が大きいように思えます。
              お稚児さんは祇園祭の生神様として、長刀鉾町へ八坂神社から養子に出され、6月23日にお稚児さんの結納の儀式があります。
              お稚児さんは神様です。ですから様々な決め事があります。
              ・お稚児さんは地面を歩いてはいけない
               (14日の一里塚松飾式は地面を歩くことが許されています)
              ・母親がお世話することも許されず、食事を運ぶのも、お世話するのもすべてを男性(父親や祖父など)がします。
              ・料理は女の手で作ったものを食べてはいけません。
              等々
              特に山鉾巡行の日は、お稚児さんが振る太刀によって注連縄が切り落とされ、これで結界を解き放ち、山鉾を先に進ませるという大役を任されています。
              子供にとっては大変な役目です。

               

               

              100年たっても住みたい家
              サンキ建設のホームページはこちら

              生活を楽しめる家創りにこだわる
              サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

               

               

              JUGEMテーマ:京都


              京町家宿舎「季楽庵 京都駅南」

              0

                京都市南区で、建築されて80年以上の京町家を宿舎に改修中の「季楽庵 京都駅南」です。

                 

                .

                建築されて年月が経っていたので、傷みが激しくほぼ全面改修です。

                 

                屋根瓦の取り換え、土台の全面改修、消防法にまつわる工事等々

                 

                ただ、建物の主要となる梁や柱は大きな損傷もなくそのまま使いました。

                 

                今後、建築、消防法の検査そして旅館業法の取得と開業まで少し時間がかかりそうです。

                 

                開業しましたら皆様よろしくお願いいたします。

                 

                JUGEMテーマ:京都

                 

                100年たっても住みたい家
                サンキ建設のホームページはこちら

                生活を楽しめる家創りにこだわる
                サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

                 


                京都の町あれこれ「整備された八条口」

                0

                  JR京都駅の八条口が整備され、きれいになりました。

                   

                  目立ったところとしてバス乗り場、と歩行者にとって便利になったことが挙げられると思います。

                  今まではイメージとして、タクシー乗り場が場所を占領して、歩行者にしてみれば少し不便だったような気がします。

                  主な点を京都市のHPを参考にしてご紹介します。

                   

                   

                   

                  ・みやこ夢てらす

                  .

                   

                  八条通りに面してテラスが出来、直接下りる階段、エレベーターとエスカレーターが設置されました。

                  今まではJR構内を通って八条通へ行っていたのが、直接それもエスカレーターを使って行けます。

                  今改修中の「宿舎季楽庵京都駅南」へ行くのに、まさしくこのテラスを降りて八条口の交差点を渡るのが最短距離となります。

                  良いものを作っていただきました。

                  ・サンクンガーデン

                   

                  名前の由来は分かりませんが、いままであった地下道が整備されました。

                  地下鉄やJR京都駅の地下改札口から直接八条通りを渡ることが出来ます。

                  こんなに広くしなくてもいいのにと思うくらいワイドな階段です。

                  ここで一休みするには良い場所かもわかりません。

                  JR京都駅にならっているのでしょうか?

                  ・タクシー乗り場

                  以前はタクシーが幅を利かせていた感じですが、すっきりしました。

                  ・貸切バスの停留所、路線バスの停留所

                   

                  バス停が八条口の南側に集中されました。

                  バスの乗降者の方たちにとってはJR京都駅まで少し不便かな?

                  バスが停留所から八条通りへ行くのにぐるっと回るのですが、結構きつそうです。

                  ・駐輪場

                   

                  JR京都駅の八条通り添いに自転車専用の道と駐輪場が整備されています。

                  最近目にするのですが地下に自転車を保管するようになっています。

                  地下はどのようになっているのか気になるところです。なにか秘密基地のよう

                   

                  自動車やタクシーにとっては少し不便になったかもわかりませんが、歩行者にとっては良くなったと思います。

                   

                  100年たっても住みたい家
                  サンキ建設のホームページはこちら

                  生活を楽しめる家創りにこだわる
                  サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

                   

                   

                   

                  JUGEMテーマ:京都


                  京都の旅あれこれ「JR京都駅の0番線」

                  0
                    京都駅には0番ホームがあって、その次が2番となっているのをご存知でしょうか?

                    なぜこの0番を1番にしないのかなと思うのですが、調べてみました。

                    京都駅は1992年に今の京都駅が出来るときに、ホームに1番線はあったそうです。
                    駅には、一般の利用者が関わる乗降ホームと、運行上、人が乗り入れしない貨物とかの運転番線というホーム(線)があるそうで、
                    1番が、乗降ホームと運転番線のホームとで違うところにあったそうです。
                    同じ番号でありながら、ホームが2か所ある事で乗務員の中で案内するうえで混乱が発生しました。

                    そこで、運転番線と乗客用のホームを合せるために乗降ホームの1番線は無くしたそうです。
                    運転番線1番は貨物列車専用線路として使われています。

                     

                     

                    100年たっても住みたい家
                    サンキ建設のホームページはこちら

                    生活を楽しめる家創りにこだわる
                    サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

                     

                     

                    JUGEMテーマ:京都


                    京都の町あれこれ「行灯(あんどん)」

                    0

                      工事中の季楽庵京都駅南、この行燈を設置するのですが、

                      これを作っている工房さんを紹介します。

                      赤澤板金製作所。

                       

                      場所は東山、三条通りを少し上がったところにあります。

                      「京都府の現代名工」を平成1年に受賞されています。

                      全て手作業で、銅板をはさみで切り取り、昔ながらのはんだで一人でコツコツと創り上げていきます。

                      一つ作るのに数週間かかるそうで、注文を受けて作る事はしておらず、今出来上がっている商品のみを販売しているそうです。

                       

                       

                      映画、「るろうに剣心 京都編」の映画で、セットに使われたそうです。

                       

                      前回に引き続いて山本良助氏の「京町家の遺伝子」(学芸出版社)「暖簾」より紹介させていただきます。

                       

                      人里離れた闇夜の道、何の明かりもなくただ道を頼りに歩く、これほど心寂しいことはない。

                      「この道、間違いないはず」。遠く見える「明かり」。

                      急に元気が出て力が湧く。でも待てよ

                      「こんなところに明かりがあるはずはない。狐か狸の仕業か」

                      ぞっとしながら明かりを求めて。

                      古来から明かりは人々の心を癒し続ける。

                       

                       

                      100年たっても住みたい家
                      サンキ建設のホームページはこちら

                      生活を楽しめる家創りにこだわる
                      サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

                       

                       

                      JUGEMテーマ:京都

                       


                      calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>
                      おすすめの本
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      • 京都の町あれこれ「信長ゆかりの本能寺」
                        komo (01/08)
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM