京都のまちあれこれ「夜のJR京都駅」

0

    夜のJR京都駅を歩いてみました。

    通勤で通過する駅なので、あまり夜にうろうろすることが無いのですが、カメラを持って回ってみました。

     

    通勤帰りのサラリーマンの方々が多いのかと思いきや、ゴールデンウィークのせいか、やはり異国の方を含めて旅行者が多ですね。

     

    何度か紹介しているJR京都駅。

    大階段にイルミネーションが埋め込まれ、見ているだけでも楽しいものです。

    これは階段というより、休憩するベンチであり、観賞する所でもあり、また私にとって体力をつける訓練場所でもあるような?

    (何回か歩いて屋上まで登ったことがありますが、今日はエスカレーターでスーと)

    屋上は広く、ガラス越しに京都の町が一望できます。

    カップルが多く、カメラを向けるのは外だけにしておきます。

    特にこれからの夜は涼しく、納涼の場所としておすすめですね。

     

    100年たっても住みたい家
    サンキ建設のホームページはこちら

    生活を楽しめる家創りにこだわる
    サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

     

    JUGEMテーマ:京都


    京都のまちあれこれ「龍安寺の石庭」

    0

      世界遺産の一つに龍安寺があります。

      ここは石庭が有名で、イギリスのエリザベス2世が来られたことで世界的に知られました。
      白い砂に15個の石が置いてあるだけですが、非常に謎の多い庭です。
      その中の「虎の子渡し」について説明します。

      「虎の子渡し」
      母親虎と、子供の虎3匹います。その3匹の虎の子に、1匹どう猛な彪(ヒョウ)まぎれていて、虎の子とヒョウを1匹づつにするとヒョウがその虎の子を食べてしまいます。
      川を渡る際に子をヒョウと2匹だけにしないよう、母親虎が子の運び方に苦慮するというものです。
      どうすればよいかわかりますか?
      1.初めにヒョウを向こう岸に運びます。
      2.母親が1匹で岸に戻って、2匹の虎の子の内、1匹を向こう岸に運びます。
      3.向こう岸に渡ったた母親は、ヒョウを連れて戻ります。
      4.岸にヒョウを残して、残った虎の子を向こう岸に連れていきます。
      5.最後に岸に戻ってヒョウを向こう岸へ連れていきます。
      近所には世界遺産の金閣寺、仁和寺があります。
      京都駅からバスで約30分。
      是非お出かけください。

      JUGEMテーマ:京都

       

      100年たっても住みたい家
      サンキ建設のホームページはこちら

      生活を楽しめる家創りにこだわる
      サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

       

       


      京町家 季楽庵のあれこれ〜京都駅南の街並み〜

      0

        JR京都駅の南約400mのところにイオンモール京都があります。

        2010年6月に出来たばかりのこの建物、道を挟んで東西に巨大な建物が並んでいます。

        敷地面積約30,100屐延べ床面積約148、300屐駐車場が約1、100台とかなりなものです。

        正面から見ると、京都駅の大階段をまねたのでしょう、4階まで突き抜ける大階段。

        なかなかの迫力ある建物だと思います。

         

         

        西の棟はイオンらしく服飾の店が中心で、4階にはレストラン街とパソコンショップがあります。

        東の棟では各階に広い面積を専門店が占めています。

        子供専門店、ペット専門店、本屋、スポーツ用品、100円均一ショップ

        とかなり充実ししています。特に本とスポーツショップの規模はかなりなものだと思います。

         

        ここ数年、京都駅周辺は西に出来た交通博物館、水族館などを考えると

        かなり面白い町に発展しています。

         

        お越しやす京都南へ

         

        JUGEMテーマ:京都

         

        100年たっても住みたい家
        サンキ建設のホームページはこちら

        生活を楽しめる家創りにこだわる
        サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

         

         

         


        京町家 季楽庵のあれこれ〜軒行燈〜

        0

          改修中の宿舎、季楽庵に付ける軒行燈(のきあんどん)です。

          (JR京都駅から歩いて7分ほど南に下がったところです。)

           

           

          銅製で全て手作り。

           

          テレビでしか見たことがないのですが、板金の部品は、全て職人さんが板を一枚一枚加工して作り上げます。

           

          特に立体的な曲線は板全体を、少しづつ叩いて仕上げます。

           

          精密な作業で、熟練の方でしか出来ない技だと思います。

           

          プラモデルのように一つづつのパーツが完成されていて、あとは貼り付けるだけとはわけが違いますね。

           

          今は輝いてますが、そのうち銅色になって建物になじむと思います。

           

          早くこの行燈に光が灯るのを見たいですね。

           

           

           

           

          正面玄関の下屋に壁から腕を伸ばしたように取り付けます。

          JUGEMテーマ:京都

          JUGEMテーマ:建築

           

          100年たっても住みたい家
          サンキ建設のホームページはこちら

          生活を楽しめる家創りにこだわる
          サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

           

           

           


          京都のまちあれこれ「JR京都駅3月13日の朝」

          0

             

            JR京都駅で6時40分に撮った朝日です。

            日の出の時間からだいぶ遅れてしまいましたが、これでも通常の通勤時間に比べると少し早い出勤。

            これから徐々に日の出が早くなるのと、少しづつ南に移動していくと思うと、もう少し早い時期に撮っておけばよかったと後悔します。

            午後から雨模様?

            なかなかベストショットは得られないのですが、これからも撮っていこうと思います。

             

            いままで通勤のあわただしさだけに通っていた場所が、何か目的をもって行動すると、様々なものが新鮮に感じられます。

             

             

            琵琶湖方面を走っている少しクラシカルなこの電車。

            30年ほど前、学生時代に大阪方面で「カボチャ電車」の愛称で走っていたと思うのですが、今では第一線から離れた感じ。

            年を取るとこういうものに哀愁を感じますね・・・・・

             

            現在進めている京都駅南の宿舎、「季楽庵 京都駅南」に決まりました。

            京都駅周辺の紹介と共に「季楽庵 京都駅南」の紹介もさせて頂きたいと思います。

            よろしくお願いいたします。

             

             

            JUGEMテーマ:京都

             

            100年たっても住みたい家
            サンキ建設のホームページはこちら

            生活を楽しめる家創りにこだわる
            サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

             

             


            京都のまちあれこれ「JR京都駅から見る日の出?」

            0

              京都駅から見た日の出?です。

              今まで「線路が見えるな」程度に思っていたこの場所。

              よくよく見ると、日の出の絶好ポイント!

              今日朝早く頑張っていったのですが残念ながら日の出は見られませんでした。

              また次回、頑張って早起きします。

               

               

               

              100年たっても住みたい家
              サンキ建設のホームページはこちら

              生活を楽しめる家創りにこだわる
              サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

               

              JUGEMテーマ:京都

               

               

              JUGEMテーマ:京都

               

               

               

               

               

               

               


              京都のまちあれこれ「東寺」

              0

                京都市南区にある世界遺産にも認定されている東寺の紹介です。

                写真が趣味で、カメラを持ち歩いては、いろいろとお寺などを撮っています。

                最近観光客が多く、人が映らないように撮るのも一苦労です。

                やはり良いものには人がたくさん集まってきますね。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                100年たっても住みたい家
                サンキ建設のホームページはこちら

                生活を楽しめる家創りにこだわる
                サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

                 

                JUGEMテーマ:京都

                 

                 

                 


                JR京都駅140周年

                0

                  JR京都駅は初代が開業してから140周年を迎えるそうです。

                  開業は1877年明治10年2月6日。

                  この年は九州で西郷隆盛による西南戦争が起こった年でもあります。

                   

                  当時は東京まで開通しておらず、神戸と京都の間の終着駅として開業。

                  1889年(明治22年)に関ケ原駅 -米原間が開通され、 東京と京都が結ばれました。

                  1914年(大正3年)8月15日 - 2代目駅舎の使用を開始。
                  1952年(昭和27年)駅舎焼失後5月27日 - 3代目駅舎が完成。

                  1997年に複数のコンペの末に建築された京都駅。

                  高さ規制でいろいろと議論されましたが、原広司氏が設計されたこの駅舎。

                  大阪の万博覧会のパビリオンかと思うほど面白いのです。

                  外から見るとガラス張りで威圧感はあるのですが、中に入ると大きな吹き抜け、
                  そして121段の階段は下から見ると球場の観客席のようでもあり、
                  スキー場のゲレンデのようでもあり、建築家の意図する「滞留する場」
                  としての機能を充分にあらわしていると思うのです。

                   


                  またそれぞれの場所で、路地のように入り組んでいるところもあれば、
                  小さな広場としての憩いの場、また、びっくりするような景色が開ける空間、不思議なオブジェ。
                  これほど「わくわくされる空間」を造られた原氏はすごい!!

                   

                  JUGEMテーマ:京都










                  100年たっても住みたい家
                  サンキ建設のホームページはこちら

                  生活を楽しめる家創りにこだわる
                  サンキ建設社長のつれづれブログはこちら


                   


                  京町の風情・格子

                  0

                    JUGEMテーマ:京都

                    京都の町々には、通りに面して窓に格子がはめられています。

                     

                    窓いっぱいの格子は、京都の風情を表していると言えます。

                     

                    そもそも格子というのは窓に付ける、目隠しのための飾りなのですが、表から見ると中が見えにくく、内からは外が良く見え、歩く人が駒落ちに見えるという構造になっています。

                     

                    この格子、よく見るとそれぞれにどことなく違いがあるのはお判りでしょうか。

                     

                    格子を支える骨組みの構造により、大きく分けると、出格子 (でごうし)と平格子 (ひらごうし)の種類があり、

                    また、米屋、酒屋等職業での、格子の種類があります。
                    糸屋格子、織屋格子、紐屋格子、米屋格子、呉服屋格子、酒屋格子、仕舞屋格子等々
                    京町の歴史は社寺仏閣だけではなく、このような小さなお店、住宅にも表れています。

                    100年たっても住みたい家
                    サンキ建設のホームページはこちら

                    生活を楽しめる家創りにこだわる
                    サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

                     

                     


                    京都の町あれこれ「東寺の終い弘法」

                    0

                      東寺の「終い弘法」(しまいこうぼう)に行ってきました。


                      いつもは静かな東寺さん、毎月21日は恒例の弘法さんですが、12月は一年の締めくくりとしての「終い弘法」
                      昔は「蛇使い」といいうような大道芸もあったそうですが、この日は天気も良かったせいか門の入り口から境内全体に露店がぎっしり、人がひしめいています。
                      その数1000件以上とか。骨董品、古着屋、古本屋からタイ焼き、たこ焼き等見るだけで楽しめます。

                      「なんでも鑑定団」が好きでよく見るのですが、掛け軸とか陶器の骨董品、何かお宝はないかなと見入ってしまいます。

                       

                      年明けの正月1日〜3日までは骨董市が開かれるそうです。

                       

                       

                       

                      JUGEMテーマ:京都


                      100年たっても住みたい家
                      サンキ建設のホームページはこちら

                      生活を楽しめる家創りにこだわる
                      サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

                       


                      calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>
                      おすすめの本
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      • 京都の町あれこれ「信長ゆかりの本能寺」
                        komo (01/08)
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM