新年あけましておめでとうございます。

0

    新年あけましておめでとうございます。

     

    今年の京都の正月は、寒すぎず、雪もなく、平穏に日が過ぎたような気がします。

    4月には新しい元号も決まるそうな。

    「平成」も終わりですね。

    昭和に生まれて、平成で暮らして、○○まで生きた。という感じでしょうか。

     

    近所の神社に新年のお参りに行ってきました。

    御水屋の中にはきれいに花を浮かべいます。なかなかの演出ですね。

     

    多くの方が新年のお参りに来ていました。

    良い年になりますように・・・・

     

     

     

    JUGEMテーマ:建築

    100年たっても住みたい家
    サンキ建設のホームページはこちら
    生活を楽しめる家創りにこだわる
    サンキ建設社長のつれづれブログはこちら


    火事は怖い

    0

      皆さん火災保険には入っておられますか?
      最近購入された方はほとんど入られていると思いますが、古くから住んでおられる方、入られていない方もおられるのではないでしょうか?

       

      「私はタバコも吸わないし、火元も常に気を付けている。」と言われて火災保険に入っておられない方
      もし隣からもらい火で火事になった場合も想像してください。
      「自分の過失じゃないから、隣が補償してくれるのと違いますか?」
      と思うと大間違い!!

       

      隣家が火災になり、その延焼によって他家に被害を与えたとしても、故意や重大な過失がない限り、火元となった人は延焼の損害賠償責任を負わなくてよいと「失火責任法」という法律で定められています。


      自分にはまったく落ち度がなく、隣家が火元の火事で被害を受けたとしても、その損害を隣家に賠償してもらうことができないのです。
      大変、理不尽に感じられますが、これは、火災で発生する損害が甚大であるからこそ、それを一個人に負わせるのは困難であるという趣旨で法律に定められています。

      こんなとき、火災保険に加入していないと「やられ損」になってしまう恐れがあります。
      いくら自分が気を付けていてもこのような災害はいつ来るかわかりません。

      最低限自分の家は自分で守るという気持ちで、火災保険は入いられたほうが良いと思います。


      備えあれば憂いなし(Providing is preventing)

       

      ちなみに火事で駆けつける消防署の皆さん、仕事とはいえ危険な中を勇気をもって行動するのには本当に敬意を払いたいと思います。

       

       

      JUGEMテーマ:建築

      100年たっても住みたい家
      サンキ建設のホームページはこちら

      生活を楽しめる家創りにこだわる
      サンキ建設社長のつれづれブログはこちら


      地震

      0
        JUGEMテーマ:建築

        今回、地震に合われた方々、心よりお見舞い申し上げます。

        関西に住んでいるものとして、地震があるたびに、21年前の阪神大震災の記憶がよみがえります。

        建物の倒壊を見て、くれぐれも負傷者が出ないことを祈るのみです。

        今、京都で建築の仕事に携わっている者として、

        皆さんに、地震に対しての意識を持っていただき、

        くれぐれも 地震が起きても、建物によって負傷しないように準備をしていただきたいと思います。




         

        新年明けましておめでとうございます。

        0
          JUGEMテーマ:京都

          新年明けましておめでとうございます。

          旧年中は一方ならぬご厚情を賜り、厚くお礼申し上げます。

          本年もなおいっそう御声援のほど、

          心よりお願い申し上げます。

          平成28年(2016年) 元旦

          01






           

          透湿防水シート

          0
            ある日、建築資材を調べていた時におもしろいモノを発見しましたグッド
            シャンデリアにジャケット、財布に一輪挿し、レインコートに靴まで。
            この様々なジャンルのモノは実は同じ素材で作られているんです!




            それが下の写真の外壁に使用している米国デュポン社製のタイベックハウスラップという
            高密度ポリエチレン不織布を建設資材用に使用した透湿・防水シートです。

            弊社でも長らく使用させていただいており、信頼のある製品でもあります。



            タイベックシートの優れた性能である、透湿性・防水性・強度。
            この3つが建設資材に留まらず幅広いジャンルに展開していく要素をもっているのだそうです。

            考えてみると、透湿・防水シートは建物の結露を防ぎ、木材や断熱材の乾燥状態を保ち、外部からの雨水の浸入を
            防ぎ、建物を守っています。
            人間の体を建物とすると、靴やレインコートも外部環境から、体を守っていると言えると思います。

            あるモノの発想を転換してみると、また別の何かになる。
            思ってもいないものが出来上がる、おもしろい発見をしました。




            100年たっても住みたい家
            サンキ建設のホームページはこちら

            生活を楽しめる家創りにこだわる
            サンキ建設社長のつれづれブログはこちら





























             

            経年・・・・・○○

            0
              新しいものを手に入れて、日一日と使っていくうちに
              くたびれたり、状態が変化していくことを 経年劣化 といいます。

               劣化・・・悪いほうへと向かってる響きですよね。。。くもり

              先日、家具屋さんのサイトを見ていてとてもいい言葉を
              見つけました。

                     − 経年進化 −
              家創りにおいてぴったりな言葉だと思いませんか?


              家は建ててから何十年と住み続けます。
              その過程において、家の風合いが変わっていくのは
              劣化 ではなく 進化 なのです。

              色合いに深みが出てきたり、床の傷を見れば、あんなことが・・・
              笑
              と思い出したり、新品には絶対かもしだせない風合いです。
                          

              素敵な雰囲気に 経年進化 していくような家創りを・・・と思います。

              ちなみに・・・その家具やさんは、シンプルなデザインとこだわりの材質で
              素敵な家具があるようでしたが・・・関西ではまだ展開されてませんでした・・・・





              100年たっても住みたい家
              サンキ建設のホームページはこちら

              生活を楽しめる家創りにこだわる
              サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

              キールアーチ

              0
                ニュースで話題となっている「新国立競技場」建設について・・・

                2012年 コンペによりデザインを選定するということで、当初の予算は 1300億円

                2013年 東京五輪招致決定〜き
                    採用決定案が予算3000億円になると判明

                2014年 当初計画より規模を縮小し、1625億円に
                     どうすれば、1375億円も削減できたんでしょう・・・・・

                2015年 ゼネコンによる見積・・・・・3000億円が提出されるあせあせあせあせあせあせあせあせ
                     
                ・・・工事費についての様々な調整を議論されてはいるようですが、
                工期を考えると悠長なことをしている時間はないはずです。


                で、どこに費用がかかっているかというと、
                上部の2本のアーチ キールアーチ が原因のようです。
                1本 500億円 × 2 = 1000億円・・・

                このデザインの一番大きなポイントとなっているキールアーチ。
                この構造は橋などでよく採用されるのですが・・・
                橋の場合、構造においての機能がデザインと連動しアーチとなっているわけですが、
                今回の競技場では、キールアーチの形を模しだけで本来の構造上の機能は
                果たしていないデザインであることが調べるとわかってきました。



                建築においてデザインは大事な要素です。 が
                予算という制約もあります。

                適材適所、費用対効果・・・
                何に価値を見出すのか?
                建物の大事な要素は?

                規模や、金額の桁が違いすぎますが、
                住宅においても同じことはいえるのだと思います。
                限られた予算の振り分けにメリハリをつけ、
                建物のポイントとなる要素をいれつつ、無理のない資金計画を
                こころがけてプランニングすることはとても大事なことだと
                改めて感じました。

                100年たっても住みたい家
                サンキ建設のホームページはこちら

                生活を楽しめる家創りにこだわる
                サンキ建設社長のつれづれブログはこちら


                 

                今日から2月

                0

                   おはようございます!
                  2014年も一ヶ月が過ぎましたね○
                  早いです。。
                  時間が経つのが早いです。
                  皆さんも感じてらっしゃると思いますが、
                  学生の頃と社会に出てからでは格段に
                  仕事をしだしてからの方が時間感覚が早いのです。

                  どうしてかと気になったのであれこれと調べてみると、うーん、、
                  なるほどーと、思った理由があったのでご紹介したいと思います。


                  “簡単に言うと、生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢に
                  反比例する”

                  だそうです。

                  これは、例えば50歳の大人にとって1年の長さは人生の50分の1ほどで
                  ですが、5歳の子供にとっては5分の1に相当する。
                  なので、50歳の大人にとっての10年間は5歳の子供にとっての1年間に
                  当たり、5歳の子供の1日が50歳の大人の10日に当たることになる。

                  ということだそうです。

                  年齢を重ねるにつれ、経験値が増えて普段の生活に慣れてしまい、
                  感情の抑揚が乏しくなることが関係しているともありました。

                  いくつになっても毎日が新鮮!

                  充実感や満足感をしっかりと実感できる、そんな生活をおくっていれば、
                  時間は平等に流れるのかもしれません。

                  そんな大人になりたいものです。






                  100年たっても住みたい家
                  サンキ建設のホームページはこちら

                  生活を楽しめる家創りにこだわる
                  サンキ建設社長のつれづれブログはこちら






                  0

                    こんばんはー

                    3連休中日いかがお過ごしですか?
                    今日は曇り空の肌寒い日でしたね。。
                    本格的な冬の季節到来といったところですね◎

                    冬のスポーツというとやっぱりスキーやスノーボードでしょうか
                    楽しまれている方も多いと思いますが、私も少しばかり滑ったりします
                    あのスピード感や雪の感触が楽しいですよねー
                    もう一つ私は、スキー場のキリっと冷えた空気とその澄んだ空気のおかげで
                    遠くまで見える景色を見るのが楽しみです

                    大津に雪が降った次の日の朝です。
                    空気が澄んでいて遠くまで望めました。





                    100年たっても住みたい家
                    サンキ建設のホームページはこちら

                    生活を楽しめる家創りにこだわる
                    サンキ建設社長のつれづれブログはこちら








                    小雪

                    0
                       北風の冷たさが身に凍みるこの頃です。

                      今日は小雪の日だそうです。
                      日本で古くから用いられてきた季節の区切り方があります、
                      「二十四節季」と「七十二候」
                      その中の十二月二日〜六日頃が
                      しょうせつ、橘始黄(たちばなはじめてきばむ)にあたります。

                      柑橘類の実が色づく頃という意味があるそうです。

                      携帯電話のアプリケーションで古い暦を見れるものがあるのですが、
                      他にも旬の食材や草花等、季節にちなんだ風物を届けてくれます。

                      ちなみに、今の旬のさかなは 鰰 ハタハタ だそうです。
                      あまり馴染みのない魚ですが、‘旬’と聞くと食べてみたくなりますね




                      100年たっても住みたい家
                      サンキ建設のホームページはこちら

                      生活を楽しめる家創りにこだわる
                      サンキ建設社長のつれづれブログはこちら






                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      2425262728  
                      << February 2019 >>
                      おすすめの本
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      • 京都の町あれこれ「信長ゆかりの本能寺」
                        komo (01/08)
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM