私の旅 「名古屋」

0

    皆さんゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?

    5月3日から5日は天気も良く、絶好の観光日和となりました。

    私のほうは、子供が名古屋でテニスの大会があるので、応援を兼ねて知多半島、常滑(とこなめ)へ行った来ました。

     

    とにかく車が多く、移動するのも大変なのですが、名古屋へ行く道中是非とも、カメラに収めたい”もの”があります。

    2005年に開通した伊勢湾岸道路。そこににかかっている橋。

    橋は車で通ると道路の上しか見えないので、橋そのものの規模が分からないのですが、斜張橋と呼ばれる橋の主塔がすごい。

    それも1つが終わるとまた次、もう一つ次と赤、白、青の巨大主塔がドカッと進行方向に向かって立ちふさがっているのです。

    初めて見ると少し興奮します。

     

    長島温泉を横に見ながらコンビナートを通ると見えてきます。

    とりあえずご紹介。

     

     

     

     

    常滑の招き猫

     

     

     

    JUGEMテーマ:ゴールデンウィーク

     

    100年たっても住みたい家
    サンキ建設のホームページはこちら

    生活を楽しめる家創りにこだわる
    サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

     


    Kyoumachiya inn Kirakuan "Lonely American bicycle trip -1"

    0

      About 30 years ago from now, I spend about 50 days of college spring vacation and traveled from Los Angeles to Washington DC by bicycling alone.

       

       

      I went to America
      Departed from the Itami airport in Osaka on February 26, 1979 to the United States of America Los Angeles via Korea.

       

       

      I traveled from Los Angeles to Washington DC by Route 66 highway or free way or etc.

      I was warned by the police several times that I was running a freeway exclusively for cars.

       

      At this time it was certain that the dollar was about 240 yen and it was quite a depreciation of the yen.

      At my college days, I have worked part-time for three years for going to America.

      And I traveled around the country in Japan by bicycle for about a week after I worked part-time.

      Since I was a department of architecture, it was hard to submit many homework, but it is a fulfilling student life as it is.

       

      Actually, it might had been difficult for students life for three years rather than traveling on the 50 days in the US.

      Although I intended to plan thoroughly, my first overseas trip by airplane was really exciting and nervous.

      to be continued.

       

      JUGEMテーマ:海外一人旅


      京町家 季楽庵のあれこれ〜アメリカ一人ぼっちの自転車旅 

      0

        今から30数年前、大学の春休み約50日間を利用してアメリカのロスアンジェルスからワシントンDCまで約4500kmを自転車で一人旅したころの思い出です。

         

        今回、宿舎季楽庵を開設するにあたり、世界中の様々な方と接することになると思います。

        私の「旅」をご紹介することによって、何か共感していただければ幸いです。

         

         

        ■アメリカへ行くぞ

        1979年2月26日大阪の伊丹空港から、韓国経由でアメリカロスアンジェルスに出発。

        3年間で貯めたお金約120万円、飛行機代、自転車、キャンプ用品等の購入、トラベラーズチェックで持ち込んだお金は約70万円位だったと思います。

        ロスから66号線でワシントンDCまで行って、帰りは飛行機でロス経由で帰国。

        この当時1ドルが確か240円位と今で考えるとかなりの円安、不安いっぱいの旅立ちでありました。

         

        大学に入学してこの3年間はアメリカの為にバイトに明け暮れ、1週間ほど余裕があると日本中を自転車で旅をする。

        建築学科だったので課題を提出するもの大変でしたが、それなりに充実した学生生活です。

        実際の処、アメリカの50日より、3年間の学生生活が結構大変だったかも。

        綿密に計画したつもりではありますが、飛行機で初めての海外旅行は本当にドキドキでありました。

        つづく

         

        JUGEMテーマ:海外一人旅

        100年たっても住みたい家
        サンキ建設のホームページはこちら

        生活を楽しめる家創りにこだわる
        サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

         

         

         

         


        パナソニックの新商品発表会に行ってきました。

        0

          こんにちは

          先日、パナソニックの新商品発表会に行ってきました!
          門真のパナソニック工場内にある体育館を会場にして、
          4月から発売される新商品が紹介されていました。
          主にはユニットバス、キッチン、洗面といった住設機器、
          その他には建具やフローリングも一新されていました

          その中でも私は、木肌や照り、色彩、照りに至るまで研究し、
          木の風合を忠実に再現したという建材に目がいきました。
          見て触れても、本物の木と遜色のない印象でした。







          会場には大型バスで多くの人が見学に来られていました。
          お客様に良い商品をご提案できるように、実際のモノを見ることは
          大切だと思います。









          100年たっても住みたい家
          サンキ建設のホームページはこちら

          生活を楽しめる家創りにこだわる
          サンキ建設社長のつれづれブログはこちら










          お盆の一日

          0
            今日は、伊勢神宮へ行ってきました

            新名神ができて、京都からとても行きやすくなり
            ました。

            伊勢神宮3伊勢神宮2伊勢神宮1

            外宮から内宮へとお参りしたのですが、お正月ほど
            ではないものの、多くの方々が来られてて、
            意外と若いカップルやグループが多いのに少し
            驚きました。

            お参りの後に、昼食のため「おはらい町」にある
            『香奥』というお店に入りました。

            ”ひつまぶし”が食べたくて・・・
            でも、大きな食堂には入りたくなくて・・・
            このお店に「ビビっ☆」ときて入ったのですが、
            デザイナーが関わったであろう内装で、
            新しいながらも気持ちよく、落ち着ける空間でした。
            そして、焼きたての鰻を使った”ひつまぶし”
            とても美味でした

            お伊勢参りで心を清め、ステキなお店で食事が
            できて、幸せな一日でした




            幸せをかたちにする・・・



            BESTブログランキング








            IKEA

            0
              4月 神戸にオープンした IKEA を見学?に
              社長楽しい + 奥様女 + 私猫 で
                                  行ってきました〜。

              最近家具や雑貨などでもよく見かける
              北欧はスウェーデンのメーカーさんです。
                     
                      ねぇ・・ムーミン♪ の生まれ故郷だよーん。

              オープン当初は2,000台ある駐車場が満車で周辺は大渋滞だったそうですが
              少し落ち着いてきたのか、平日というのもあってか?
              渋滞などはなく、スムーズに入店できました。

              店内は巨大な倉庫という印象で、
              テーマごとにコーディネートされたブースがいくつかあって
              それらを参考にしながら商品を選べるようになっています。

              前もって得ていた情報通り、商品はどれも
                 とてもお安い  のにびっくりしましたが
              落ち着いて見てみると・・・・・

                     ・・・・・・・( ̄  ̄;) うーん

              気をつけないとついつい商品に手が伸びそうになるけど
              ちゃーんと考えないとなー
                   っていうのが正直な感想です。。。。

              デザインはやっぱりいわゆる北欧デザインで
              すっきり、シンプル、カラフルなものもあるけど
              全体的に軽やかなイメージです。

              カラフルといってもなぜか?
              南国のカラフルさとは印象が違うんですよね〜(‥ )ン?
              感覚的にとらえているので、うまーく説明できませんが・・・ヾ(・・ )ォィォィ

              ・・・・・さらっとしてる?
                   無駄がない?
                   あくがない?・・・・て感じです ( ̄ω ̄;)エートォ...

              でも、ひろーい店内では
              レジ以外に店員さんの姿がないのがないのが
              なーんとなく不思議な感じでした。

              商品と一緒においてある寸法表や説明書きを見て
              疑問自分で解決しよーっ!てことで
              コストを極力抑え、還元してるんでしょうね。。。

              ウィンドウショッピングをしているだけなのに
              やたらと声をかけられるよりは気楽でよいです♪

              なんだかんだと店内を散策し
              一通りは見ることができて満足です!

              お安くて気に入ったデザインのものを
              上手に選べば〜〜  
              インテリアにかかる費用も
              上手にコストダウンできそうなお店でした・・・ォッヶォッヶ♪(* ̄∇ ̄)/




              京都でおうち ← CLICK!!







              BESTブログランキング


                   
                   

              プチ旅行記・・・3

              0
                こうして私たちは京都に帰るべく
                港に着いた・・・

                船の出発時間は − − − ゲっ! 
                        2時間近くも待たないといけなかった。 (゚∇゚ ;)エッ!?

                かといって、見るものは見たし・・・
                てなことで待合付近で銘々時間を潰した

                船の発着場の向こうに オブジェ とおもわれるかぼちゃを発見
                私はテクテクと見に行ってみた

                          直島4

                ・・・・・・・・・  かぼちゃ みたい

                海を見ながら ぼーっ としていると
                を散歩させている島民のおじいさんが声をかけてくださった

                直島の町長さんは ベネッセハウス ができることによって
                島の自然や雰囲気が壊れるのを危惧していたらしい。
                なんでも GW のときはどっと人が押し寄せ
                小さな島は大変なことになっていたとか。

                なので、宣伝を控えたり
                海水浴で賑わう夏は
                あえて 家プロジェクト を休館したり しているそうだ。

                直島の町長さんは、
                島の良さを本当に理解している人なのかな・・・

                ゆったりした時間の流れや
                島の自然があっての 直島 だろうし・・・

                一時的な集客をねらっての乱開発が取り返しのつかないこ
                ことになることをわかっておられるのかな?っておもった。

                そして、無事京都に帰り着き
                プチ旅行は終わった。 (⌒▽⌒)ノ_彡☆ !!

                星星星 back CLICK!!





                BESTブログランキング

                プチ旅行記 ・・・ 2

                0
                  直島でのもう一つの見所? プロジェクト

                  島民の民家に紛れて、アーティストたちが
                  家一軒をまるごと アート空間として体感できるように
                  制作したおうち。

                          直島2


                  ・・・・・・新たに作ったものもあれば、
                        既存の家に手を加えたと思われるものもあった

                  中でも私が気に入ったのは
                  真っな板張の壁で囲まれた空間。

                            直島3

                  入ると、漆黒の闇の中。
                  かけらほどの光もなく、壁を手さぐりでつたいながら進んでゆくと
                  ベンチにぶつかり、そこに腰をかけてじーっと目こらしていた・・・

                  ある瞬間 目の前に ボーーッと白っぽい壁が浮かんできた
                  ・・・・・・・・その白い壁自体が
                          作家さんの手による作品らしい  (ー’`ー;) ウーン

                  なんの光もない真っ暗なを体験したのが初めてで
                  目が開いているのか閉じているのか?と自分でもわからなく
                  なる不思議な経験だった。

                  目が見えない・・・というのを疑似体験したような感じだった

                  この 家プロジェクトは 島民の生活圏のなかに点在している
                  観光客が家の周りをくるくる廻っているということだ
                  細い通りに面した家々は窓すら開けることはできないはず。。。

                  う〜〜ん・・・きっと十分な説明会などがあったことだろうと思うが
                  生活空間まで犯されてしまっているように思える・・・
                         島民の人たちはどんな風に考えてるんだろう・・・・

                  建物自体は民家になじんでいて違和感のないものであったが。。。

                                         ・・・( ̄  ̄;) うーん  

                  こういったアート空間を体験して
                  私たちは帰路についたのであった・・・・・



                  星星 backback CLICK!!


                   back  CLICK!!



                  BESTブログランキング back CLICK!!

                  プチ旅行記 1

                  0
                    先日の 日曜日 社長 専務   とで
                    瀬戸内海に浮かぶ小さな島 直島 に行ってきました。

                    そこには ベネッセハウス という施設があり
                    安藤 忠雄 さんの設計による
                    美術館・宿泊施設・スパ ・・・など
                    の複合施設だった。

                    また、島民の住宅群にまぎれて 家一軒をまるごと
                    アートスペースとして製作した 家 ? が、点在しており
                    中を見られるようになっていた。

                    が、 メインともいえる 地中美術館が メンテナンス
                    とやらで、お休み だった・・・・・( ̄▽ ̄;)!!ガーン

                       なんで?日曜日やのに〜〜 おかしいやん・・・・
                       とかなんとかぶつぶつ言いながら、ベネッセハウスを見学
                       宿泊スペースは宿泊者以外の館内侵入は禁止だった為
                       見られなかったが、アートスペースに展示してある作品を
                       眺めながら、一部内部の散策ができた。

                       また、外部にはオブジェなども点在している

                       直島1
                       
                    地中美術館も外観が見られるかな?っと

                    近くまで行ってみるが、 地中 美術館 なだけに
                    建物は地中に埋まっていた・・・・ ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ ・・・ホントダヨ

                    直島 はとてものどかで、のーんびりとした雰囲気が漂っており
                    ベネッセハウスなどの建築物は、自然を生かし、
                    そのおだやかな町のリズムを壊さないようにとても配慮して
                    建てられているように感じられた。

                    安藤さんの作品には、まわりの風景を壊さないように
                    地中にのびた建築物が多く見られる。

                    存在を誇示した建物でも嫌な印象を受けないものや
                                       そうでないもの
                         ・・・現代では嫌な印象を受けるものが多いかも?

                    周りに溶け込むようにひっそりと建てられているもの

                    それは、設計者の考えによって大きく変わるものだろうし
                    場所から受けるインスピレーションなどで
                    人によりまちまちになるんだろーなー

                    それは 何が正解で 何が不正解 とかいうものではなく
                    見るが感じたことが 全て なのかなーーー

                           と、おもったりしながら散策してた

                                   ・・・・・・・・・・・・つづく

                    船 back back CLICK!!

                     back CLICK!!


                    BESTブログランキング back CLICK!!

                    calendar
                      12345
                    6789101112
                    13141516171819
                    20212223242526
                    2728293031  
                    << August 2017 >>
                    おすすめの本
                    selected entries
                    categories
                    archives
                    recent comment
                    • 京都の町あれこれ「信長ゆかりの本能寺」
                      komo (01/08)
                    links
                    profile
                    search this site.
                    others
                    mobile
                    qrcode
                    powered
                    無料ブログ作成サービス JUGEM