<< 簡易宿所「季楽庵京都駅北」 | main | サンキ建設 年末年始のご案内 >>

京都のまちあれこれ「龍安寺」

0
    京都市右京区にある世界遺産で知られる龍安寺に行ってきました。
    「石庭」の枯山水で有名な龍安寺は、室町幕府の管領、守護大名で、細川勝元が宝徳2年(1450年)に創建した禅寺です
    織田信長、豊臣秀吉にもゆかりがあり、今までに火災で仏殿などが焼失し現在にいたっています。
    イギリスのエリザベス女王が日本を公式訪問した際、龍安寺を拝観され、石庭を絶賛したことが海外のマスコミでも報道されました。
    京都駅からバスで約40分。立命館大学の横を通って10分程度で着きます。
    4時ごろになるとお土産屋さんも閉店準備、観光客もまばらで、すいていました
    車道から少し離れ、山に囲まれたおごそかな雰囲気。
    お寺の本堂に入るとすぐ左手に石庭が見ることが出来ます。
    幅約25m奥行約10m程度の庭に白い砂がひかれ、その中に15の石が一見不無造作に置かれています。
    この石庭、様々な謎が秘められているそうです。
    「15個配置された石の謎」「トラ子渡しの庭」「七五三の庭」・・・
    そのような謎解きを楽しむのも良いかもしれません。
    家に入る前に手や口を清めるための水を張っておく石「つくばい」も有名で、中心の「口」を囲むように「五・隹・疋・矢」の4字が刻まれており、吾唯足知 (われ ただたるを知る)」と読むことができます。
    庭に面して開かれた広い和室、その襖絵が見事でした。墨絵で描かれた山水画、空いていたために全部見れなかったのですが、
    龍も描かれています。
    昔の人はこのような場所をどのような思いで造られたのでしょうか?
    いろいろと思いを巡らしながらゆったりとした良い時間を過ごすことが出来ました。

    JUGEMテーマ:京都

    100年たっても住みたい家
    サンキ建設のホームページはこちら

    生活を楽しめる家創りにこだわる
    サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

     

     

     


    コメント
    コメントする









    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    おすすめの本
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    • 京都の町あれこれ「信長ゆかりの本能寺」
      komo (01/08)
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM