<< 家創り教室 「設計編」 | main | 京都のまちあれこれ「夜のJR京都駅」 >>

京町家 季楽庵のあれこれ〜襖(ふすま)〜

0
    大正時代に出来た古い町家の改修をする中で
    柱とか梁等の構造体は修復したりするのですが、ほとんどの物は廃棄してしまいます。
    その中で襖(ふすま)は何とか残しておきたい趣があります。
    実際に使うとなると傷みが多く、そのままでは使えないのですが、
    何とか修復してみたいですね。
    襖について少し調べてみました。
    由緒ある社寺で襖に国宝級のものが多くあるのです。
    考えてもみてください、襖というのはトビラですよね。
    床の間や装飾品を飾るような場所ではなく、トビラです。

    昔の人は、そのような所に装飾を施した立派な絵画を設けるのなかなかの心意気だと思うのです。
    昔の人は偉かった。

     

     

     

    JUGEMテーマ:建築

    JUGEMテーマ:家庭


    100年たっても住みたい家
    サンキ建設のホームページはこちら

    生活を楽しめる家創りにこだわる
    サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

     


    コメント
    コメントする









    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>
    おすすめの本
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    • 京都の町あれこれ「信長ゆかりの本能寺」
      komo (01/08)
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM