<< 新年のご挨拶 | main | 京町家の改修 その1 >>

京都の町あれこれ「下京区の京町家」

0

    京都市下京区にある大正時代に建てられた京町家を紹介します。

     

    ・通り庭

    玄関から直線に奥の庭までつながる通路があります。これを「通り庭」と言います。

    「庭」とよ呼びますが、土間の通路の事。

    土足のままで、奥のトイレや庭へ行けます。

     

    町家の構造は夏を快適に暮らせるように工夫されており、冬場のこの造りは少し寒いですね。

     

    玄関上には「火袋」と呼ばれる大きな吹き抜けの空間。暖かい空気は上にのぼり、滞留しませんが、

    床は地面のままで、少しひんやりとした感じです。

     

    pct01

    ・近隣には、昔から続くお米や、京町家を改修した喫茶店があります。    

     

    ■通り庭

     

    ■火袋

     

    JUGEMテーマ:京都

    JUGEMテーマ:京都


    100年たっても住みたい家
    サンキ建設のホームページはこちら

    生活を楽しめる家創りにこだわる
    サンキ建設社長のつれづれブログはこちら


    コメント
    コメントする









    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    おすすめの本
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    • 京都の町あれこれ「信長ゆかりの本能寺」
      komo (01/08)
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM