<< 夏季休暇のご案内 | main | 京都の夏も終わりそうです〜現在建築中の家を追います 3〜 >>

伏見稲荷大社のあれこれ

0

     

    休みの日に伏見のお稲荷さんへお参りに行ってきました。

     

    今日本で最も外国の人に人気のあるの社寺が伏見稲荷大社だそうです。

    大阪生まれの私にとって伏見稲荷は、子供の頃に行っただけで、朱色の鳥居とスズメの丸焼きがかすかな記憶がある程度。

     

    伏見の稲荷さんは非常に歴史あり、全国に30000ほどある稲荷さんの総本宮です。

    伏見稲荷のホームページより「宮司のご挨拶」を拝借

    「当社の御祭神である稲荷大神様がこのお山に御鎮座されたのは、奈良時代の和銅4年(711)2月初午の日のこと。その日から数えて、平成23年(2011)に御鎮座1300年を迎えました。」

     

    京都駅から「稲荷」まではJR奈良線で、2駅目、6分程度の非常に近い所にあります。

    京都駅の線路でもっとも南側の8、9、10番線。

    普通電車が20分に1本程度と少し少ないかも、快速に乗ると通り過ぎますので、気を付けてください。

     

     


    「稲荷駅」に到着

    こじんまり小さな駅。

    最近改修した様子で、きれいになっています。

    外国人の対応として、英語、中国語、韓国語の掲示物が至る所に見受けられます。

    ここから伏見稲荷までは3分程度、向かいの道路を超えたすぐの所、迷う事もなく行けます。

     

     

    門の両脇には狐が迎えてくれます。

    狐は稲荷神の神使とされ、お稲荷さんに取っては重要な存在です。

     

    ・伏見稲荷のHPより拝借しました

     

    規模が大きく、この稲荷山が神社の所有だそうで、寄付で集められた鳥居の数が約10000というから驚きです。

    高さ4mくらいのものから2m位のものまで、延々と山頂までアーケードのように導いてくれます。

    また手入れも良く、見事に朱色に輝いて鮮やかです。

     

     

     

     

    途中に小さな社があり、それぞれ非常に特色のある形をしており、一つづつお参りをすると御利益も多いかも。

     

     

     

    降りてきて、参道には多くの屋台、お店、お土産物屋さんが並んでいます。

    昔のイメージでは、この参道の両側にスズメの丸焼きの屋台が多く並んでいたと思うのですが、スズメを売っているのは1件しか見つけられませんでした。実際には3軒ほどあるようです。

    お稲荷さんと言えば「スズメ」というイメージが強く、多分京都でもここしか提供してないのではないでしょうか。

    是非召し上がれ。

     

     

    伏見稲荷には仏像とかの見物できるものはあまりないのですが、朱色の鳥居をくぐるというのは、昔タイムトンネルというドラマがありましたが、都会から別の世界へ導いてくれる何かがあるような思いにさせてくれます。

     

     

    100年たっても住みたい家
    サンキ建設のホームページはこちら
    生活を楽しめる家創りにこだわる
    サンキ建設社長のつれづれブログはこちら

     

    JUGEMテーマ:京都

     


    コメント
    コメントする









    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    おすすめの本
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    • 京都の町あれこれ「信長ゆかりの本能寺」
      komo (01/08)
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM